admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月18日に放送された「ぶったま!」で、杉本なつみアナが原稿を読んだ中で
「ふうたい」と言う言葉があった。
記憶は定かではないが、元阪神のカークランド選手の話題だったと思う。
原稿には、おそらく「風体」と書かれてたのだろう。
これは「ふうてい」の間違いだろう。
と、これを書きながら念のためにYahooの辞書で調べてみた。
すると一番目に
・身分や職業をうかがわせるような外見上のようす。身なり。ふうたい。「怪しい―の男」「勤め人らしい―」
どうやら、「ふうたい」とも読むらしい。
でも、これまで「ふうてい」は聞いたことがあるが、「ふうたい」は初めてだ。
広辞苑でも確認したが、「ふうたい」の項は、矢印をして「ふうてい」となっていた。
Yahooの大辞泉、大辞林でも同様だった。
多分、杉本アナは「ふうてい」という言葉を知らずに、そのまま読んだだけではないかと思っている。
(民放のアナウンサーは、この手の読み間違いが多いので。)

同じ日の夕方のNHKでは、奈良で国蝶オオムラサキを放蝶したというニュースがあった。
この中で、蝶を1匹と言っていた。
これは原稿にそう書いてあったのを、アナウンサーがそのまま読んだだけだろうが、
蝶の数え方は匹ではなく、頭(とう)だ。(参考:夏井瑶子の日本式数の数え方、日本の助数詞

原稿を書いた人が間違えたのか、それとも匹の方がわかりやすいということで敢えてそうしたのか?
いずれにせよ、NHKでは正しい数え方で表現して欲しかった。

テレビの影響力を考えたら、アナウンサーってのは日本の言葉に重大な責任を負っていると言っても過言でない気がする。
言葉を仕事にしているプロなんだから、原稿に知らない言葉があれば確認してから本番に望んで欲しいですね。
スポンサーサイト



風体は読めたけど
蝶が1頭は知りませんでした。
ふ~む一つ賢くなった~ありがとうです♪
【2005/06/20 20:37】 URL | ユイ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。