admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KBS京都で「山田太郎ものがたり」が始まった。←水曜22:00
台湾制作のドラマで台湾でのタイトルは「貧窮貴公子」←見事な命名!
超男前で頭もいい山田太郎が主人公のドラマ。←ドカベンではない
しかし、実は超貧乏の上、父は放浪したまま行方のわからない父、元金持ち故浮世離れしている母。
それに太郎のコピーのような弟(男前)や妹達(可愛い)。←しかも大勢
この家族を支えるのが主人公の山田太郎。
太郎の素性を知らない学校の友人達は、太郎を超お金持ちだと思っている。
超貧乏の実際と超お金持ちという思い込みとのギャップが面白い。
特に山田家の貧乏生活の凌ぎ方は、見ていて笑える。
太郎は勿論、弟や妹達も男前に美少女。
バレンタインなどは、山田家の稼ぎ時だ。
兄弟達は山のようにチョコレートをもらい、それが山田家の非常食となる。
このエピソードが第1回目の放送であったのだが、バレンタインのイベントが7月7日の七夕。
台湾では七夕に女性から男性にチョコで愛の告白をするのでしょうか?
まあ確かに年に1回の愛という意味では、七夕の方が説得力がありますけどね。^^

ちなみに、この前に放送されていたのは「流星花園」で「花より男子」を原作にした台湾制作ドラマ。
どちらも日本人は出演していないが、登場人物の名前は日本名のまま。
「流星花園」は吹き替えだったが、「貧窮貴公子」は字幕。
台詞を聞いていると「たろう、たろう」と日本名で呼んでいるのが面白い。
原作が日本の漫画とは言え、舞台を台湾に置き換えて台湾名でも良いとも思うが、台湾のドラマはこれが普通なんだろうか?
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。