admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月に入ってすぐ祖母が亡くなった。
通夜だ葬式だ、香典の整理だ、お世話になった方々への挨拶だ、喪中はがきの作成だ・・・と、することは一通り終わった。
残るは、いわゆる"香典返し"用の名簿の作成。(←私の役目)
そんなこんなでブログの更新が滞ってしまい、コメントを下さった方、トラックバックして下さった方には、何の応答も見せずに申し訳ございませんでした。m(_ _)m
祖母は、100歳まで生きるかな・・・ってぐらいの長生きだったし、最後は老衰という形で逝ったので悲しいよりも目出度いぐらいです。
しかし、葬儀というのもバタバタするものですね。
結婚式のように日程が決まっているわけではなく急にすることが決まるものだから大変です。
昔は、(葬儀社にもよるのでしょうが)いくらの費用がかかるのかも知らされないまま「祭壇はこれで、お花はこれで・・・。」という具合に次から次へと決められて行き、全てが終わった後に請求書を見て、今度は喪主が死にたくなるというようなこともあったようです。
しかし、最近はそんなことをしていたら葬儀社も生き残れないので、写真入り・金額入りのカタログを見ながら打ち合わせていきます。
そして、費用が発生する項目が全て印刷された定型用紙に、決められたことが目の前で書き込まれて行き、打ち合わせ終了時には、大体の見積もり金額がわかるようになっているので、最後に死にたくなるようなことはないみたいです。(とは言っても、高額なことには違いありませんが・・・。)

決めていく上でやっかいなのが、人数で金額が変わってくるもの。
(あ、お金に余裕のある人にとっては、やっかいでもなんでも無いみたいです。(^_^;))
祖供養の数や通夜の食事、火葬場への送迎用の車に精進上げ料理などです。
祖供養の品は、残れば引き取ってくれるので問題はありません。
但し、挨拶状には名前が入るので印刷した数だけ費用が発生しますが、こんなのは金額としては安いのでいいでしょう。
やっかいなのは、火葬場までの車と精進上げ料理。
これは、当日その時まで正確な数字はわかりません。
来ないと言っていた親戚が突然来たりすると、火葬場までのバスが1台で間に合うと思っていたのが新たに車を出さなくてはならないことになったりするんです。
だから、親戚縁者が乗ってきている車も確保しつつ、バスにも余裕を持たせてと2段構え3段構えで考えておかないと、土壇場でえらいことになります。
精進上げの料理も人数の変更は大変なことになります。
足りないと来ていただいている方に失礼ですし、多ければ多いでもったいない気がするのは私が貧しいからでしょうか?(笑)
欠席と言っていたのに来るというのは、何かの都合や体調が悪くて無理だと思っていたものが、都合がついたり体調がよくなったりしたから来るのであって、本人には悪意が無いのもわかっているし、よく来てくれましたとありがたく思わなくちゃだめなんでしょうけど、その人のためにトラブルが起きたらやっぱり迷惑なんですよねぇ。

なぁ~んて、色々と書きましたが、書いたようなトラブルもなく、滞りなく終了いたしました。m(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ




お疲れさまです~(´∀`)
名簿係とはまた、地味に大変そうな仕事ですねぇ。。。

お葬式って、こうして見るとやっぱ大変な儀式(?)のようですね。
そんな裏話があったとは!

料理目当てで来る罰当たりな人もいるとたまに聞きますし、
そういうことを考えるとやっぱ、
“葬式やるなら最低100万は必要”というのは誇張じゃないっぽいですね;

まぁでも、トラブルがなくてなによりでしたね~
【2005/12/10 01:03】 URL | boss #KGmS39Z.[ 編集]
> bossさん

葬式をやるなら最低100万ってのは、嘘じゃないでしょうねぇ。
お通夜の料理も10人前でン万円。
それが、全然美味くない。(´ヘ`;)ハァ
制球の明細を見たら料理が一番無駄に高い気がしましたよ。
とにかく、簡単にお金が飛んで行きました。(笑)
【2005/12/11 02:13】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]
おばあさまがお亡くなりになられて、大変でしたね…。
お疲れが出ませんように…。
まだまだ、満中陰まで色々とありましょうが、頑張っていって下さい。
お葬式って、わかっていても突然とやって来るものですね。
親族集まって、ウロウロとしている間にも時間が経ってしまう…お葬式をするのも、そういった準備期間があるわけではなく、気が付けば目の見えないところでお金が飛んでいっていますね。
お通夜の夜食や、精進上げの料理とか…。
隣組の方々はわかるが、自治会とかの普段付き合いのない人がやってきて折膳を持って帰るのには…チト、いい気にはなりませんが(汗)

でも、やはり、普通一般のスタイルでお葬式をするには、100万は最低ラインでしょうね…ホンマの話…。
【2005/12/12 01:45】 URL | 花餅屋の太夫元 #u5Hewm3c[ 編集]
> 花餅屋さん

お気遣い、ありがとうございます。m(_ _)m
今回は、なるべく身内と近所だけにとどめたので、あまりややこしいことにはなりませんでした。
これは、祖父の時にバタバタしたのを教訓としております。
それに祖母の姉妹など、みんな先に逝かれてますしね。

うちは、互助会なるものに入っていたので、一気にお金が出て行ったわけではないですが、それでもいただいた香典は消えてなくなり、足が出ております。
死ぬ時には、自分の葬式代ぐらいは残しておかなきゃだめですねぇ・・・ホンマの話・・・。
【2005/12/13 12:58】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。