admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は、冤罪で獄中死した兄の恨みをはらす妹の話。
と言っても、冤罪の証拠を探す妹に協力する特命課の二人なんていう単純な話ではない。
それではありきたりすぎるストーリーだ。
今シーズンの相棒は、そんなありきたりな刑事ドラマではない。
たった今、殺人を犯してきたと自首してきた犯人。
殺人現場の管轄外の警察への自首、あまりにも迅速な弁護士の手配に疑問を感じた杉下右京は、例によって独自に捜査を進めていく。
その中で浮かび上がる事実。
兄を逮捕した刑事への自首と兄を起訴した元検事の弁護士への弁護の依頼、殺した相手が兄が起訴された殺人事件の真犯人である事、その真犯人と弁護士が今回の殺人事件の前に会っていた事・・・。
これらの事から、過去の冤罪を隠すために刑事と弁護士が妹に対して殺人罪ではなく執行猶予付きの傷害致死との条件と交換に殺人を教唆したのではないかと推理する杉下右京。
事実であれば、警察の信頼は失墜。
真実を暴き間違いを正そうとする特命課の二人にストップをかける官房長小野田。
容疑者の口からは刑事と弁護士に指示されたというようなことは一切出てこずに、やがて裁判へと移って行く。そして裁判では、刑事と弁護士に執行猶予付きの傷害致死罪と引き換えに殺人を犯したと証言する被告人。
刑事と元検事による殺人教唆だ。
うろたえる刑事と弁護士、法廷を出て社と連絡するマスコミたち。

ここまで見て「やはり右京さんの推理通りだったか。」と思い、警察の失態を白日の下に晒した被告人の執念に少しばかり気持ちがスカッとしたのも束の間。
エンディングでの杉下右京の言ったことに「やられた!」っていう感じ。
つまり、殺人教唆と言っても証拠もなく、あくまでも想像の上でのこと。
ひょっとしたら、刑事と弁護士が冤罪にされたのではないかと・・・。

ずっと右京さんの推理で殺人教唆と思い込まされていた視聴者。
そう言えば、推理だけで証拠となるようなものはなかった。
容疑者が取調べで何も言わなかったのは、裁判で発言するのだろうという予想はできたが、刑事と弁護士による殺人教唆と思いこまされた時点で私の負け。
うーん、あなどれないなぁ・・・。

スポンサーサイト

テーマ:相棒 - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。