admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本命の無いとも言われた今年のM-1。
盛り上がりに欠けるかも知れないとも思ったが、それも杞憂に終わった。
はい、笑いました。
腹を抱えて笑いながら見せてもらいましたよ。(笑)

笑い飯、南海キャンディーズ、麒麟は、新鮮味に欠けるため、ブラックマヨネーズを優勝候補の筆頭に品川庄司・チュートリアルが絡んでくるのではないかと思っていましたが、M-1常連組も気合いの入ったネタでガンガン会場を沸かして、品川庄司・チュートリアルを下し、決勝はブラックマヨネーズ、笑い飯、麒麟。
結果、僅差でブラックマヨネーズが優勝となりました。←予想通り

ブラックマヨネーズの場合は、麒麟、笑い飯、南海キャンディーズのように「えっ?こんなコンビがいたの?」というのではなく、着実に力を付けて出てきたコンビ。
吉田が小杉に相談するというネタを確立してからは、特に面白くなってきた。
さらにはM-1のように「勢い」が重要な賞取りレースでは、チュートリアルのような漫才よりも有利だと睨んでいたが、その通りだった。
今回のM-1を見るまでは、「ブラックマヨネーズって、面白いぃ?」って言ってた嫁さんが涙を流しながら笑ってました。(笑)

残念だったのは、チュートリアル。
前回出場時には、テレビを通してでもわかるぐらいの緊張状態。
今回は、どうだろうと楽しみにしていたら、出色の出来。
品川庄司とチュートリアルの順番が逆だったら、決勝に残ったかも知れないと思う。
品川庄司は、ラストチャンスという意気込みが非常に感じられた。
しかし、麒麟の決勝の出来がイマイチだっただけに、チュートリアルの決勝ネタが見てみたかった。
決勝での笑い飯は、さすがというかなんというか・・・。
二人のアホさ加減がたまりませんでした。(笑)
麒麟の最初のネタは好きです。
特に審査員にも受けていたオチの部分は、見ていて「今か、今か」と楽しみに待って見ています。(笑)
南海キャンディーズは、盛り上がることなく終わってしまった。
客の求めているものと、ちょっとずつズレがあったように感じました。
会場を巻き込んでしまうぐらいの勢いが必要なM-1では、アジアンの漫才はちょっと厳しかったですね。
あのネタも、普段よりもペースが遅いように思ったのは、隅田の体調不良が原因なのか、緊張からなのか・・・。
タイムマシーン3号は、私は初見。
「おっ!」と思わせる所もあったのが、デブネタだけなのとデブの方の「いかにもデブ」っていう感じの衣装が嫌だった。
彼らに限らず、ヘアスタイルや衣装で笑いを取ろうとするのは、個人的に嫌いなのです。
敗者復活で登場した千鳥。
なんか乗り切れてませんでした。
個人的にあのネタは、好きじゃないからかも知れませんが、6位というのは意外でしたね。
もっと下だと思ったのですがね。
スポンサーサイト

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ




おっ!ご覧になってましたか!
見ようと思っていたのに決勝しか見れなかったのです・・・
南海キャンディーズって漫才みたことなかったので見たかったのになあ。

まっちゃんが表情硬かったのが、私には印象的でした。
まっちゃん的にはどっかんどっかん来なかったってことなのかな?

でもブラックマヨネーズ、さすが!でしたね!
【2005/12/27 23:35】 URL | ちゃくら #sFkuDBeA[ 編集]
> ちゃくらさん

M-1は、年末の楽しみな番組の一つとなっており、私は決して見逃したりはいたしません。^^

今回の南海キャンディーズのデキは、大阪のローカル番組でのデキよりも悪かったです。
これまで見たことがなかったのなら、今回見れなかったのはかえって良かったかも知れません。
最初に見た印象が「つまらない」では、もったいないですからね。(⌒^⌒)b
【2005/12/30 00:01】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]
面白かったですね~、今年のM-1。
最近お笑い番組を見て笑ったことがなかったのですが、このM-1は笑いっぱなしでした。
こちらでは、お笑い番組といえば全国ネットのものしかなく、たまに見る『吉本新喜劇』が一番面白かったりするのです。

ブラックマヨネーズは上沼恵美子さんの番組に出ているのをチラッと見た程度で、でも面白いコンビだと思っていたので期待していました。
最初のネタの時から、お客さんから手が来ていたので、優勝は納得!の結果ですね。

漫才のデキって、ツッコミの力量にかかっているかもしれないと、この頃感じます。
歴代のM-1の優勝者にしても、面白いコンビというのはツッコミの人が面白いのです。
ただボケの言葉をオウム返しにしているツッコミをよく見ますが、面白いと感じるコンビのツッコミはボケ以上にツッコんでいますよね。

そういう点で、頑張れチュートリアル!と思ってしまうのです。

南海キャンディーズは、わたしはちょっと合わないようです(^^;
【2005/12/30 09:35】 URL | 木蓮 #ZVlmcHtg[ 編集]
こんばんは(^^
今年のM-1 面白かったですね~。
楽しませてもらいました。
ブラマヨは 正直言って 面白いけど 華がないなぁ・・・と
思ってました。
でもM-1では存在感たっぷりで ちょっとビックリしましたね。
来年も 面白い漫才をみせて欲しいです。

【2005/12/31 01:04】 URL | みーみ #-[ 編集]
> 木蓮さん

他の漫才番組に比べると、M-1での漫才コンビは気合の入り方が違いますね。
だから、観ている方も本気で笑ってしまうのだと思います。
それこそ、涙を流しながらお腹が痛い痛いって感じで。(笑)

漫才のボケを生かすも殺すもツッコミ次第ですね。
木蓮さんのおっしゃるとおりですね。
ツッコミのボキャブラリーの数が多ければ多いほど、笑いのパターンは増えると思います。

チュートリアルは、もう一本気合の入ったネタを観てみたかったです。


> みーみさん

ブラックマヨネーズは、M-1で優勝しても華が無いのは変わらない気がします。(笑)
ブラックマヨネーズの次の課題はフリートークではないでしょうか?
そこで、どれぐらい上手く他の出演者と絡めるか、視聴者に好感を持たれるかで、これからのポジションが決まってくると思います。

【2005/12/31 01:36】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。