admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特に見るつもりはなかったのだが、再三見せられる八犬伝のスポットCMにのせられて途中からではあったが、ドラマ「里見八犬伝」を見てしまった。
私と同世代(40代前半)の方なら「八犬伝」と言えば、NHKの人形劇「新八犬伝」を思い出す人が多いのではないでしょうか?
タッキーの義経は見なかった私ですが、タッキーの犬塚信乃は見てしまいました。(笑)
「新八犬伝」も今回の「里見八犬伝」も原作は、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」です。
ちなみに原作は読んでいないし、「新八犬伝」の方も終盤の展開の記憶はなく、原作が良かったとか、新~の方が良かったとか言うつもりはありません。
あくまでも、今回の「里見八犬伝」を観ての感想です。

お正月特番らしくお金はかかっていましたね。
中国までロケに行っているし、戦闘シーンの軍勢は中国人のエキストラでしょうか?
年末にテレ東系の「国盗り物語」を再放送していたのですが、11時間ドラマの戦闘シーンよりも迫力がありました。

キャスティングですが、信乃は男前だからタッキーは良いとして、現八は押尾学ではなく(誰が良いかは思い浮かばないのですが)、もっと荒々しいタイプの役者さんを起用して欲しかった。
それに城の上での信乃と現八の決闘シーンでも、タッキーと押尾学では身長差があるのでは信乃が見劣りしてしまう。
照英の犬田小文吾は、水戸黄門の鬼若とキャラがかぶってました。
「犬田小文吾は力持ちか・・・。」「力持ちキャラなら照英だな。」なーんて感じで、安易に決めたような気がします。
照英が気の毒でした。
そして、問題は綾瀬はるかの浜路。
この人だけ台詞が時代劇じゃないんですね。
時代劇調の台詞じゃない部分が目立つというのか・・・。(他の役者さんは、時代劇としておかしな台詞を使ってたかも知れませんが、そういう違和感は感じませんでした。)
あくまでも想像ですが、時代劇調の台詞がしゃべれなかったんでしょうね。
だから彼女だけ極端に現代劇調の台詞に書き換えたのでしょう。
八犬伝で浜路と言えば重要な役なのですから、もう少し時代劇の出来る女優を使って欲しかったですね。

前編・後編と2日間に渡っての放送ではありましたが、玉を持った見知らぬ友と出会いが、あまりにも簡単過ぎました。
これは時間の制約上、仕方のないことなのですが、もっとじっくりと見たいというのが本音です。
このドラマを見ていて、NHKの大河ドラマでやって欲しいと思ったのは私だけでしょうか?

しかし、今から思えば八犬伝という物語の、旅をして仲間と出会いや不思議な玉の力で助けられたりして大きな敵を打ち倒すというストーリーは、ロールプレイングゲームなどと同じ。(と言うより、RPGが八犬伝のパターンを真似てる)
江戸時代の人も現代の人も媒体こそ違え、楽しいと思うのは同じなんですねぇ。
スポンサーサイト

テーマ:里見八犬伝!!! - ジャンル:テレビ・ラジオ




TBありがとうございました。
大河で「八犬伝」いいですね~。
ファンタジーブームですから、どうせなら世界に売れるような物を作って欲しいです。
【2006/01/10 00:59】 URL | ノラネコ #-[ 編集]
りゅうさん、こんにちは!コメントとTBありがとうございました。中国モンゴルでのロケシーンは凄かったですね~。草原を駆けるシーンは綺麗でした。キャスティングの照英!私は最近の『水戸黄門』はしっかり観たことはないのですが、かなり被ってますね(笑)すっかりああいうキャラのイメージになっちゃたんでしょうか。浜路に関しては、言われてみてそういえば?という感じでした。綾瀬はるかが可愛いので自分的には帳消しの方向で(笑)
>江戸時代の人も現代の人も媒体こそ違え、楽しいと思うのは同じなんですねぇ。
これは本当にそうですよね。結局、人というのはなんだかんだでいつの時代も大して変わらないものなんだなぁと思いました。
【2006/01/10 12:56】 URL | はんにゃ丸 #bNft.OMs[ 編集]
こんにちは、TBありがとうございました。
私はほとんど日本のドラマを観ていないので、俳優さんについては全然わからないんですけど、浜路はやっぱりダメでした。
これで将来の姫か??
玉梓や舟虫が頑張ってただけに、違和感ありありです。

人形劇から原作に走ったので、角川映画もどうも納得できず
今回の方がまだわかりやすかった分よかったかなと思いました。
できれば大河でじっくり楽しみたいものです。
あの長編を5時間じゃもったいなさ過ぎます!
【2006/01/10 19:32】 URL | Garoto #-[ 編集]
> ノラネコさん

八犬伝なら、十分世界に通用するものが作れますね。
大河も、ちょっと違った路線で八犬伝やって欲しいですねぇ。


> はんにゃ丸さん

綾瀬はるか、可愛さと相殺ですか?(笑)
ドラマの見方は、人それぞれ。
そういう見方でも、いいんじゃないでしょうか?
ブログをやっていると、自分と違う見方の人と出会えるのが良いです。^^


> Garotoさん

仰るとおり、玉梓や船虫が頑張っていただけに、浜路のデキが残念ですよね。
彼女だけが時代劇ではなかったです。

角川映画の八犬伝は、八犬伝であって八犬伝にあらずです。
あれは、南総里見八犬伝とは別の八犬伝ですね。
別物として見るべきだと思います。
やっぱり、人形劇からファンになった人間にとっては、5時間と言えども物足りないですね。
【2006/01/11 01:44】 URL | りゅう #YwnZxztM[ 編集]
コメントTBありがとうございました。
「新・八犬伝」は、同世代にも周囲にも知っている人がいないのでうれしいです!。辻村ジュサブローのくっきりとした個性的な人形造形の美しさ、なかでも“わーれーこーそーはー玉梓がー怨ー霊ー”がおどろおどろしく醸し出す妖艶さが印象的でしたね。坂本九の名調子をもう聞けないのが哀しい(泣)。後半はかなりアップテンポな展開だったので、わたしも記憶はおぼろです(ここだけの話、笑)。
今回はサバイバル&ラブロマンスな角川映画版(ものすごいアレンジでしたね)より原作に近かったらしいのでひと安心でした。お正月ドラマらしい、青春群像になっていたようですね。少しでも多くの人に知ってもらえるきっかけになればと思います。
閑話休題、他の人から要望があったので「新・八犬伝」のDVDと「里見八犬伝」の本をサイドバーに掲げました。では懐かしの村雨丸のフレーズを。“抜けば玉散る氷の刃”。
名探偵コナンを近日掲載予定です。これからもよろしくです。こちでした。
【2006/01/12 18:03】 URL | こち(東風) #-[ 編集]
> 東風さん

人形劇では、玉梓だけが二人で操作していましたね。
しかも、手は人形遣いの人の手でした。
「我こそは・・・」のフレーズは、学校でも真似をする子がたくさんいました。(笑)

角川版は、原作が鎌田敏夫さんなので、人形劇や今回の八犬伝とは別物だと思って良いと思います。

“抜けば玉散る氷の刃”
これについて、書くのを忘れてました。
信乃@タッキーの村雨丸から水が出るたびにテレビを見ながら「抜けば玉散る氷の刃」と心の中で思ってましたよ。(笑)
九ちゃんの名調子が懐かしいです・・・。

【2006/01/13 00:21】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


ブアッハハハハァまたしても酒飲んでますおやぢです未成年の方ご遠慮くださいさあて、だいぶ遅い時間ですが更新してますいやあ、酒飲みながら見てみました里見八犬伝 特撮おやぢの平凡万歳【2006/01/10 00:41】
VIVA!菅野美穂!正月に録っておいた「里見八犬伝」を今頃観た。たぶん83年の深作欣二監督作以来の映像化。深作版が思いっきり脚色されてるのに対して、馬琴の原作にはこっちの方が ノラネコの呑んで観るシネマ【2006/01/10 00:55】
昨日は久々に原宿に行ってきたので、八犬伝後編は今日見ましたヤバい期待を裏切らない感じで、またノメリ込みながら、テレビ画面に食いついておりました、ガリガリとイラストは 騒やかなUNDER⇔GROUND【2006/01/10 02:36】
2日、3日と放送された『里見八犬伝』の前・後編を見ました。特別時代劇が好きなわけでもないんだけど(但し、昔の『水戸黄門』を除く・笑)、キャストが豪華なのでとっても楽し たまには吼えてみますか。【2006/01/10 11:12】
多分、戌年ということで企画された、原作:曲亭馬琴の有名な娯楽作品のドラマ化ですが、2日・3日という日取りもあって、見られないと思います(親戚回り中のため、笑)。見られ ほんにきく【2006/01/10 17:39】
結局里見八犬伝、観てしまいました!私の年季の入った八犬伝フリークの始まりはNHKの人形劇「新・八犬伝」に始まります。子供にとっては長く複雑なストーリー展開だったにも関わ ドラマ日記 Pt.2【2006/01/10 19:33】
年内から何度も何度も番宣してましたので知っておりましたが、ぜーんぜん見る気しておりませなんだ。だってキャスティング気に入らなかったんだもん・・・TBSの「里見八犬伝」。 魚は月下の波に伏す。【2006/01/12 22:32】
TBSテレビ放送50周年特別企画、2006年新春スペシャルドラマ『里見八犬伝』(2006年1月2日&3日、21時から2夜連続でTBS系列にて放送)の視聴率が判明しました。関東での視聴率は以下の通りです。(前編)1月2日(月):17パーセント(後編)1月3 萌えきすとらBLOG【2006/01/23 13:09】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。