admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前から書こうかなっと思っていたのですが、なかなか書けずに時が過ぎて行き、もうネタとしては古いような時期になったので、ほったらかしにしていたのですが、たけぼうさんからコメントを頂いたので、ちょっと書いてみようと思います。

KBS京都で日曜の早朝に放送されていた「歌舞伎っす」。
2006年の元日の放送をもって最終回を迎えました。
元日は日曜日。
普通の局ならお正月用の番組を流すものですが、KBS京都は普段のまま「歌舞伎っす」が放送されていました。
ちょっと驚きです。
毎週録画で予約していなければ録画し損ねていたかも知れません。
さらに驚いたのは、新聞のテレビ欄には『終』のマーク。
正月からいきなり最終回!?
まさにどさくさ紛れって感じです。
出演者、スタッフにとっては非常に縁起の悪い事、この上ない仕打ちです。

パーソナリティーに片岡孝太郎さんを迎えて、秋に始まった「歌舞伎っす」。
歌舞伎ファンならばどんなゲストが来るのかとわくわくしながら見ていたと思います。
ローカルUHF局が日本の伝統芸能の歌舞伎を真っ向から取り上げた勇気には、心の中で拍手を送っておりました。
歌舞伎役者をゲストに招くとなるとお金がかかりそうですものねぇ。

が、しかし・・・。
蓋を開けてみれば、歌舞伎役者のゲストは、市川染五郎さん、尾上松緑さん、片岡愛之助さんだけでした。
ちょっと期待外れでしたね。(←あくまでも数の上で期待はずれと言うことです。)
番組タイトルに「歌舞伎」と付けたのは、やっぱり歌舞伎ファンを意識してのことなんでしょうから、もう少し歌舞伎関係のゲストが欲しかったですね。
他には、河原雅彦さん、篠原ともえさん、林家正蔵さん・・・。
この他にもいたかも知れませんが忘れました。

これらのゲストが1回で2週分を撮影して、連続ではなくバラバラでの放送。
どこかに書いたかと思いますが、続けて放送して内容の濃いものにして欲しかったですね。
そして、演出上は2度目の時は再びゲストに来てくれたという設定。
しかし、1回目と撮影場所や服装を変えるというようなこともしないという手抜きぶり。
予算などの問題もあったのかも知れませんが、この中途半端な設定がいかにも地方局が無理してるって感じでした。
はっきり言って、このような演出しかできないスタッフでは、出演する方たちは気の毒でしたね。

番組の内容は、孝太郎さんがテレビ慣れしていない台本に沿って台詞を喋る役者さんということを考えると仕方ないのですが、あまりにも台本の進行を気にしすぎでした。
フリートークになればよかったのですが、盛り上がって来たな・・・と言うときに、次の話題へ持っていったりして話にヤマ場がありませんでしたね。
それと、カードを引いて、そのカードに書かれたテーマに関する話をするコーナー。
カードに書かれたテーマもありきたりでしたし、いちいちカードを引かなくても話題に出来るようなものでした。
アシスタントも孝太郎さんのことを考えると、もっとキャリアのある人を置いた方がよかったでしょうね。
慣れない二人で番組を進めるのは難しかったでしょう。
正蔵さんがゲストの時などは、正蔵さんが番組をリードしてましたからね。

そんなこんなで内容的には、イマイチでしたが、孝太郎さんがどのように成長していくかを見るのも楽しみの一つとして見ていたのですが、あまりに早い終了でした。
番組の内容が歌舞伎ファンを唸らせるようなものであったのなら、局に復活の嘆願メールなどを送る人もいるかも知れませんが、これまでの内容であれば厳しいでしょうね。
構成内容を再考しての復活を望みますが、無理なんでしょうねぇ。

なお番組内では、最終回となったことなど一切触れていませんでした。
収録時には、最終回になるとは思ってなかったのでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ




りゅうさん、こんばんは。
私もお正月はうっかり見逃してしまい、新聞を見ると「終」となっていたので驚きました。
早すぎますよね。これからって時なのに…
何があったのでしょう?孝太郎さんが忙しくて無理になったのでしょうか?それとも視聴率の問題??
私も構成内容を改めての復活を望みます。
なんか中途半端ですものね。
【2006/01/21 20:33】 URL | るみ #-[ 編集]
> るみさん

恐らく視聴率的には、かなり苦戦しているのではないかと思わせる内容でしたよね。
歌舞伎ファンも満足していない内容でしたし、歌舞伎ファン以外の人が興味を持つようなゲストでもなかったですしね。
なにか中途半端でした。
孝太郎さんも、中途半端な気分で終わってしまったのではないでしょうか?
孝太郎さんには、是非再チャレンジして欲しいですね。
【2006/01/22 17:08】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。