admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全数とは・・・。
自然数でその数以外の約数( 1 を含む)の和が、もとの数になるような自然数。
例 6(=1+2+3), 28(=1+2+4+7+14)など。

小川洋子の「博士の愛した数式」を読んだ。

普段ならこういう本は読まないのだが、映画化と文庫本化で再び話題になっていた事と、嫁さんが入院中にお見舞いにこの本をもらったので、たまたま家にあったということ。
それにハードカバーとは言え、薄さが手頃で通勤電車でも読めそうだったので読んでみた。
(著者が阪神タイガースファンっていうのも、多少あります。)

良かったです。
良い本でした。
読み始めの頃は、どうしても寺尾聡(←映画出演。ちなみに嫁さんは映画化の前に読んでおり寺尾聡ではなく、津川雅彦が浮かんだと言ってた。)の顔がちらつきましたが、途中からは寺尾聡が頭の中をよぎることもなく最後まで読めた。
特に何が起きるというわけでもなく、事故で脳に損傷を受けたため事故の日以降の記憶が80分しか持たない数学者とその面倒を見る三十路前の家政婦とその子供との日常が書かれている。
毎日会う初対面(昨日のことは記憶から消えているから)の家政婦に年齢や靴のサイズを尋ね、その回答を数学に結び付けては感動する。。
何事も数学に結び付けて考え、それ以外のことは無頓着。
しかし、そんな博士でも子供に対しては、自分の持っているすべてと言っていいほどの愛情を注ぎ慈しむ博士。
もう一つは、江夏豊。
江夏豊がタテ縞以外のユニホームを着たと知らされた博士は大変ショックを受け動揺する。
1975年以降の記憶は最新の80分しかない博士には、江夏豊は阪神タイガースのエースとしての記憶しかない。
近鉄との日本シリーズで見せたリリーフエース江夏は存在しない。
江夏が南海へトレードされた当時、博士と同じようにショックを受けた人が山ほどいただろう。
それらの人には、もう過去の話。
しかし、博士にとってはいつも現時点、その時の話。
野球を見たことも無い博士が、どうしてそこまで江夏豊のファンであるのかはわからないが、その思い入れの熱さには、こちらの胸までぐっと迫るものがある。

物語の最後の部分、首から江夏豊のカードをぶら下げた施設に入った博士の描写。
それとそのカードの江夏豊の描写。
どうしてなのだかわからないが、涙がじわっとこみ上げてきてしまった。
この本、江夏豊が好きだった人と江夏豊を知らない人では、恐らく感じ方が違うだろう。
江夏豊が好きで良かった。

阪神タイガース江夏豊。
背番号は、完全数の28。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌




こんばんは。
りゅうさん宅が近所なら、記事読んで即、本を借りに伺ってます(笑)
映画にしょようかな~。でもやっぱり活字かな~。
この記事読んだだけで既にキュンとなってるんですが。
週末に図書館ダッシュします!(・・・単純阪神ファン・・。)


【2006/02/27 23:36】 URL | 海☆ #-[ 編集]
りゅうさん、こんばんは。
やっぱり読むことにします、この本。
本屋さんで何度も手に取っているんですよね。
それだけ気になっているのだから、さっさと読めばいいのに >自分(苦笑)
寺尾さんの声が好きです。関係ないですが・・・。
【2006/02/28 00:09】 URL | 蒼葉月 #-[ 編集]
> 海☆さん

やっぱり活字ですよ、活字。^^
この本をどう映像化しているのかも興味はありますが、それも活字で読んだからこそです。
江夏豊を好きな阪神ファンは、野球を知らない人よりも絶対にお得な本です。

> 蒼葉月さん

今は、文庫本にもなったんで、また売れているようですね。
何度も手にとってるなら買ってしまいましょう。
もしくは、立ち読みだ!(笑)

寺尾聡さんは、ほんとにいい役者さんになりましたねぇ。(゜ー゜)(。_。)ウンウン
【2006/02/28 00:24】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]
りゅうさん、先日は私のブログにコメント残してくださって、ありがとうございました^^

確かに、このお話は。
野球・・・とりわけ阪神タイガースのファンだと
また違った楽しみが味わえるかなぁとおもいました(笑)

残念ながら、私も旦那もプロ野球はあまりみないので^^;

完全数・・・ってのは、うっすらーと聞いた事はあったのですが
「友愛数」というのは、この映画で初めてしりました。。。
映画が終わった後、「あたし達の間に友愛数は存在するのか!?」
などとやってたアホアホな夫婦です(笑)
【2006/03/03 11:57】 URL | ユリ #llOsW3ec[ 編集]
> ユリさん

私も「友愛数」というのは、初めて知りました。
いや、初めて知ったのだと思います。(^_^;)
「完全数」は、
『ああ、完全数な。うんうん、知ってるな。うんうん、学校で習ったよな。うんうん、思い出されへんけどな・・・。』
ってな感じです。
映画鑑賞後、映画のストーリーに影響を受けて、映画の登場人物と同じようなことをするのはよくあること。
「あたし達の間に友愛数は存在するのか!?」
こんな学問的なことをしている夫婦は、アホアホなはずありません。^^
自分の服にメモを貼って遊びはじめたら、ちょっとアホアホかも知れませんが・・・。(笑)
【2006/03/03 22:59】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/03/09 23:49】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。