admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道での日ハムとの3連戦。
1つ目は、ダルに完敗。
2つ目は、残塁の山、山、山、山・・・。
3つ目は、最後までハラハラドキドキ久保田劇場。
はい、1つ目は確かに打てませんでした。
結果だけ見れば、手も足も出させてもらえませんでした。
しかし、先発井川が簡単に先取点を与えすぎ。
それがダルの余裕に余裕を与え、策の立てようもない試合になってしまう。
こういう打線が打てない時(まあ、打てない時が長すぎるが)に、相手を抑え込み打線の援護を待つのがエース。
投手が孤軍奮闘していれば、攻撃陣もなんとか勝たせてやりたいと頑張るもの。
それが、あーも簡単に点を与えては、「あ~、またか・・・。」という気持ちになってしまう。
エースならば、自分の投球でチームにエネルギーを注入するような投球を心がけよ!

2つ目は、1回、2回の攻撃がすべてと言ってもいい。
序盤の好機に得点を挙げていれば、試合展開は全然違ってきたはず。
気合が空回りというより、「ほんまに気合入ってんの?」と言いたくなる。
4度の満塁のチャンスをすべてつぶした。
しかし、普通なら満塁になる前に適時打が出て一二塁とか一三塁とかになってるもんだ。
9回のスペ吉は許そう。
それまで頑張っていたんだから。
この試合も、打つ方が"普通"にやっていれば、杉山も勝てたかも知れない。
が、杉山も簡単に点を与え過ぎ。
そうそう、DH制のおかげで杉山が長いイニングを投げることができたのは、杉山にとっては収穫。
(ってことにしておこう・・・。)

そして3つ目。
この日の相手投手は、新人王も狙える好投手の八木。
同一カード3連敗の可能性大。
しかし、初回に金本の二点本塁打で先制。
待望の先取点。
しかし、なかなか適時打が出ない。
福原も1点を失い、2-1で試合は進む。
6回、昨日から言えば5回目の満塁の好機が訪れる。
打者は、スペ吉。
ここで昨日の悔しさを晴らすかのような見事な満塁本塁打。
喜びながらも「どうせ打つなら、昨日打ってくれよぉ。」と贅沢なことを考えているファンは私だけではないはず。
が、福原もすぐに2点を献上(←なんて律儀な奴)して6-3になる。
その後、相変わらず点は入らず、結局は本塁打だけの得点。
でもって、最終回3点差、抑えの久保田登場・・・で、すんなり行かないのが、なんというか、まぁ・・・。
いきなり、ボコッ、パコッと喰らう(せめて二死からにしてくれ)久保田。
併殺の間に1点を失うが、何とか後続を断ち、阪神勝利。
疲れるわ・・・ほんま。

日ハムとは、残り甲子園で1試合。
これに勝たなきゃ負け越し決定です。
ぐぅわんばれぇ~い、はぁんしぃ~ん!

人気ブログランキング
★人気blogランキングへ★←気が向いたらクリック!クリック!

スポンサーサイト

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ


















管理者にだけ表示を許可する


6対4 勝利♪1回表に、金本の2ランで先制すると、6回表には、スペンサーの満塁本塁打で、一気に点差を拡げた。JFKで逃げ切り連敗を3で止め首位に返り咲いた。打○金 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)【2006/06/10 21:26】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。