admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出勤の時、地下鉄を出てから必ず前を通るコンビニがある。
最近は、どこのコンビニでも入り口付近に灰皿を設置していて、そのコンビニも例に漏れず灰皿が設置してある。
そして、その灰皿の周りには毎日のように男女を問わず誰かが煙草を吸っている。
電車に乗っている間、煙草を我慢し出勤しても一服する時間も無いニコチン中毒の人たちだ。
歩き煙草をしないだけ、喫煙者としてのマナーは守っていると言っていいのだろうと思うが、そもそも「そこは喫煙コーナーとちゃうやろ?」といつも思う。(←いやいや、いつもではなく、入口に立っていられて邪魔になる場合だけか。)
煙草は灰皿のある場所で吸うのがマナーではあるが、この場合は喫煙のための灰皿ではない。

コンビニは、老若男女、性別、年齢を問わず、すべての人をお客さんの対象としている。
客商売なので、お客さんには気持ちよく来店してもらい、気持ちよく帰っていただくように心がけているのが普通。
店の顔とも言える入り口が、煙草の煙でモクモクと煙っていることを良しと思うはずがない。

つまり、歩き煙草をしていた人が、コンビニに入る時に店先にポイ捨てをしないように設置されている灰皿なのだが、恐らくそこで煙草を吸っている人は、そんなことには気付いていないのだろう。
吸っている人には悪気は無く、むしろマナーを守って喫煙できる人なのだが・・・、うーん、惜しいです。(~ヘ~)ウーン

人気ブログランキング
★人気blogランキングへ★←気が向いたらクリック!クリック!


スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。