admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の南座顔見世興行と来年1月の松竹座壽初春大歌舞伎の出演者が決定。

詳しくは、ここ。
南 座 顔見世
松竹座 壽初春大歌舞伎

南座は、昨年3月の歌舞伎座から始まった、勘九郎改め十八代目中村勘三郎襲名披露の掉尾を飾る公演。
ご存知中村屋さんをはじめ、我が家ご贔屓の松嶋屋さん&成駒屋さんが中心。
松竹座は、新築開場十周年ということで、これまた是非とも見てみたい顔ぶれ。
こちらは、藤十郎さんと団十郎さんの組み合わせ。
復活した者同士(それぞれ多少意味は違いますが)の東西スターの競演となります。

いやぁ、なかなか魅力的な顔ぶれです。
これを昨日、嫁さんに話したところ「我が家には関係ない。」と一蹴されました。orz
2人で歌舞伎に行っていた頃の費用の捻出は、嫁さんのパート代からだったんです。
その嫁さんも昨年パートを辞めた上に、これまでの家賃よりも少々高いローン(うぅ、生々しい話だ・・・)のおかげで、一家の家計を預かる嫁さんとしては、とてもじゃないが浮かれて歌舞伎なぞには行ってられないということだ。
たとえ嫁さんが「1人で行っといで」と言ったとしても、そういう思いをしている嫁さんを残してホイホイと行ってよいものかどうか悩んでしまいます。
確かに、顔ぶれは心惹かれるものがありますが、嫁さんにとっては仁左衛門さんの出番が一番の関心事であり、それを考えると「1人で行っといで」と言われたら、自分の小遣いをはたいての観劇になるので素直に行ってもよいのかなぁとも考えたりします。
考えすぎですかね?

ちなみに10月の松竹座(十月花形歌舞伎 染模様恩愛御書)は、ビミョーな状況です。
というのも、10月にうちの両親の古希のお祝いで旅行を予定しているのですが、チケットの予約開始が10日に迫っているというのに旅行の日程が未だ決まらず、今のままではチケット予約戦線に参戦出来ない状況にあります。

そして、2月にも松竹座であるんですよねー・・・。

どれか一つでも行けたらいいかなー・・・と弱気になっている今日この頃です。

人気ブログランキング
★人気blogランキングへ★←気が向いたらクリック!クリック!



スポンサーサイト

テーマ:歌舞伎 - ジャンル:学問・文化・芸術




またまた こんばんは。

行きたいものは
たくさんあるのに
行けないかもしれない
もしくは どれかにしなきゃいけない
ってのは ほんとに悩みますよね・・・。

わたしも来年2月までのあいだに
行きたいものがありすぎて困ってます。
独身とは言えども
遊びまくってる場合じゃないので
いま どれをヤメにするかで悩んでます。

10月松竹座は行くつもりです。。。
2月ってのは新感線ですよね?これも行く予定です。
おそらく1月はヤメになりそうです、わたし(^▽^;)
【2006/09/06 01:27】 URL | umako #ik3sxtfs[ 編集]
> umakoさん

私は12月は切り捨てます。
季節感たっぷりで良いのですが、チケットが無くなるのが早い上に料金も・・・。
口上は見てないとは言え、一応松竹座での襲名披露興行は観る事ができましたから。(^_^;)
で、10月が微妙なだけに、2月はなんとしても行きたいです。
まぁ、「阿修羅城の瞳」が良かったんで、今回も期待してるんですよぉ。
【2006/09/06 23:24】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]
南座顔見世、今年も何とか行きたいと思っています。
チケットが取れるか、心配なのですが・・・。

2月の新感線に思いっきり反応しました!
吉原御免状を観て以来、新感線に行きたくて仕方ないのです。
これもチケット、なかなか取れないですよね・・・(泣)
【2006/09/07 01:28】 URL | 蒼葉月 #3lwQX/R.[ 編集]
りゅうさま
いつものことながら、顔見世の料金にはいささか構えるものがありますよね。初春の成田屋と山城屋の顔合わせは何とも魅力的だし、「朧・・」は染ちゃん+古田+サダヲっていう豪華キャストだし・・・って何とも悩ましい年末年始ですね。
仁左衛門さん贔屓の奥様に、まだご覧になったことなければ顔見世夜の部の仁左衛門さんの「俊寛」はとってもオススメです。カッコよく美しいニザ様ではないけれど、泣くよ~。
【2006/09/07 01:39】 URL | スキップ #-[ 編集]
コメントが遅くなりました。m(_ _)m

> 蒼葉月さん

そうですよねぇ、2月もチケット争奪戦は厳しいですよね。
しかも、当たり前のことですが歌舞伎ファン以外も参戦ですから、かなり厳しい戦いになると思っております。
お互い、頑張りませう!(笑)


> スキップさん

1月の成田屋&山城屋は、今回を逃すと次に関西で見れるのはいつのことだろうかと思ってしまう組合せですよね。
やはり、一度は見ておきたい組合せです。
仁左衛門さんの「俊寛」は、見たことがないと言ってました。<嫁
しかし、あーゆー悲しいものはあまりお好みじゃないようなんです。<嫁
「ほらぁっ!チケット獲ったぞぉ!俺のおごりだぁ!一緒に行くぞぉ!」って言うことが出来たら、とっても良い夫なのですが・・・、無理!(・・・だと思う。)


【2006/09/10 23:31】 URL | りゅう #YwnZxztM[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。