admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月13日の朝日新聞夕刊に大阪の保育園や幼稚園で大流行している「大阪うまいもんの歌」の記事が掲載された。
私の場合は、テレビ大阪の「きらきらアフロ」で知ったのだが、これがよくできていて面白いので書いてみる。

なぜ、そんなに流行しているのかと言えば、歌詞を見ればわかるように大阪名物の食べ物がたくさん登場する。

【歌詞】
<1>大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~
 たこ焼き ギョーザ お好み焼き 豚まん

<2>大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~
 いか焼き ばってら あわおこし ようおこし

<3>大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~
 かに道楽 くいだおれ もんじゃ焼き なんでやねん

そして、その歌詞に合わせて振りがあり、歌詞にはボケやツッコミまで盛り込まれているのだから、大阪人の遺伝子を持つ子供たちにウケないはずがない。(笑)

1~3番まで最後の歌詞がオチになる。
オチの説明をするのは無粋な話だが、関西地方以外の人でわからない人がいるかもしれないので書いてみる。
1番は、「たこ焼き、ギョーザ、お好み焼き」までは食べ物そのものや作っている形態模写であるのに、「豚まん」で人差指で鼻を持ち上げて豚鼻にする。
2番は、「いか焼、ばってら、あわおこし」と食べ物が続いているのに、「ようおこし」は直前の「あわおこし」の「おこし」に掛けた洒落だ。
ちなみに「ようおこし」は、「ようこそ、おこしくださいました」という意味。
3番は、「かに道楽、くいだおれ」と大阪名物を続けているのに、最後の最後で東京名物の「もんじゃ焼き」を言ってしまい、「なんでやねん!」とツッコミを入れている。

いやいや、よく出来ている。(笑)
保育園児や幼稚園児が、どこまで理解して歌っているのかはわからないが、これを振り付きで歌っている姿を大人が見ると大ウケする。
こういう歌を作る人も人だが、こんな歌を子供が歌っているのを笑って聴いている人も人だ。(←勿論、良い意味で。笑)
他の地方から引っ越してきた親子がカルチャーショックを受けるのも無理ないかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報




> 保育園児や幼稚園児が、どこまで理解して歌っているのかはわからないが

いやいや。大阪の遺伝子を受け継いでいる子達ですから、
しっかり理解していると思いますよ。

うちの甥っ子姪っ子も、小さな頃から駄洒落とか言葉遊びが大好きで
「なんでやねん!」と突っ込み合っていましたよ。

夫が、お正月に大阪に関連したクイズ番組をやっていたと言うのですが、
見逃してしまいました。
再放送がないかしら~?
【2007/01/14 18:17】 URL | 木蓮 #ZVlmcHtg[ 編集]
面白い歌ですね~(^^
3番の歌詞のように ボケられたら  「なんでやねんっ!」って
言いたくなりますよね。
私も聞いてみたいです この歌(笑
【2007/01/15 16:08】 URL | みーみ #-[ 編集]
> 木蓮さん

最近は、テレビのバラエティーから大阪弁が聞こえない日が無いと言ってもいいでしょう。
木蓮さんの甥っ子、姪っ子が「なんでやねん!」「あんたとは、やってられへんわ!」「ほな、さいなら!」と言う日も近いです。(笑)


> みーみさん

原曲は、朝日新聞の記事にあったように「ゆかいな牧場」ということです。
で、どんな曲かと言えば、え~~~~っと・・・。
あの、ちょっと古いですが、ダーティーハリーの1作目って覚えてます?
その中でハリーが追いかけている容疑者がスクールバスをジャックする場面があるんですが、その中で犯人が子供たちに歌を歌わせるのが、この歌です。
って、わかるかなぁ?(^_^;)
【2007/01/17 01:47】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。