admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横山秀夫の「半落ち」を読んだ。
映画化もされ、その映画も既にテレビでも放映されているので「遅いっ!」って感じかも知れないが、横山秀夫は好きな作家だ。
読むのが遅かったのも"楽しみにとっておいた。"という感じだ。

「半落ち」とは、容疑者が取り調べにおいて罪を認めたものの完全に自白していない状態のことで、全てのことについて自白した事を「完落ち」(完全に落ちた)というのに対して使われるのが「半落ち」。

容疑者の梶聡一郎(犯行時、警察官)は、アルツハイマーが進行して自分の息子の命日をも忘れてしまい母親であるうちに殺してくれと嘆く妻を扼殺してしまう。
息子を急性骨髄性白血病で亡くし、妻を自分の手で殺し、全ての"絆"を失った梶聡一郎。
妻を殺害した後、自殺を思いとどまり新宿歌舞伎町へ向かう。
警察に自首したのは殺害してから2日後。
警察での取調べに対して、この空白の2日間に関しては黙秘を続け、「もう1年、生かして欲しい」と言う梶聡一郎に、残された"絆"があるのか?。
体裁を気にする警察上層部は、この2日間に関する供述を捏造して検察へ身柄を送る。
取調べにあたった取調官、捏造を見破った検察官、警察と検察の裏取引をスクープした新聞記者、梶聡一郎の弁護人、裁判官、刑務官たちの視点で物語は進められる。
梶聡一郎が、あと1年にこだわった理由は?歌舞伎町へ行った目的は?

最後の最後で謎は解き明かされる(もっとも、梶聡一郎からは何も語られないので明かされたと言えるのかどうかわかりませんが)、梶聡一郎を生かしてやりたいという男達の思いが伝わってくる描写にやられてしまいました。

スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。