admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、ようやくお芝居のことを書きますが、何年ぶりの上演だとか筋書きなどは書きません。
いつものことですが、好き勝手な感想などを書かせてもらいます。(笑)

久しぶりの南座花形歌舞伎だった(←しつこい)ので期待が大きかったからでしょうか、お芝居自体には少し期待外れの感がありました。
なんて言うか、複雑なお話の割りには平坦な感じで盛り上がりがなく、主人公となるのが誰なのかわかりにくく、誰に感情移入して観れば良いのかわかりませんでした。
薬売りの喜之平の、2人の元主人に対する忠義や苦悩も、喜之平が死ぬ寸前まであまり表現されておらず、もう少し主人の為に命を賭けるような姿があった方が良かったかと思います。

そして立ち回り。
今回は、橋之助、愛之助、亀鶴、勘太郎、弥十郎さんと立ち回りが見れるかと思っていたのに橋之助さんだけ。
橋之助さんの立ち回りにしても、これまで観た中ではあまりスピーディーではなく、少々物足りなさが残りました。

と、ここまで不満を書きましたが、勿論、楽しく無かったわけではありません。
ちゃんと歌舞伎の楽しさは堪能させていただいております。

霧太郎登場の場面での紙吹雪、主な登場人物が勢ぞろいするだんまり、喜之平が死ぬ場面でのセットの炎上、橋之助&七之助の宙乗りなどなどなど・・・。(嫁さんは、役者さんの着物も綺麗で素晴らしかったと申しておりました。)
歌舞伎の見所が随所に観られたような気がします。

橋之助が登場し台詞を喋ると舞台が引き締まり、亀鶴の板に付いた悪役ぶりとその良く通る声はいかにも歌舞伎。
愛之助は、なぜか台詞が大阪弁。
でも、その方が'らしい'ので良しです。(笑)
七くんの女形は、相変わらず美しい。
弥十郎さんは、存在感があるし、萬次郎さんは高貴なお方と欲深い女将とのギャップが最高。
薪車の男前を再確認。
勘太郎には、もう少し灰汁の強い役をして欲しかったです。
この点だけが、ちょっと不満かな?

こうしてみると、今回の歌舞伎は物語よりも役者を楽しんだ感じです。
でも、ご贔屓の役者を楽しむのも歌舞伎の楽しみ方の一つ。
それになんと言っても「花形歌舞伎」ですから、どうしても役者さんの方に目がいっちゃいますよねぇ?
スポンサーサイト

テーマ:歌舞伎 - ジャンル:学問・文化・芸術


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。