admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、まだ歌舞伎に絡んだ話が続きます。
この期間、東山山麓に連なる北は青蓮院から円山公園・八坂神社を通って、南は清水寺にかけて「京都・東山花灯路」が行われているので、夕食までの間に散策しようと思っておりました。
これまでも花灯路には行ってみたいとは思っていたのですが、暑さ寒さにめっぽう弱い我ら夫婦は、気候
の良くない季節にわざわざそのためだけに出かけることをためらっておりました。
が、この日は南座に行くという非常に重要な行事があったので、歌舞伎が終わってから夕食までの時間を潰すには丁度良い、それに今年は暖冬で例年に比べると暖かいので花灯路に行こうと予定していました。
花灯路は17時から。
歌舞伎終了が15時頃。
時間はたっぷりあるのですが、なんというかこの日の京都は、ひじょーに寒く、とてもこの寒い中を2時間もぶらぶらと時間を潰し、そしてさらに灯篭が燈った中を凍えながら(←少々大げさ)歩くというのはひじょーに困難に思われ、嫁さんともども「いくら灯篭の灯りが風情があるっちゅーても、こんなに観光客が多かったら、風情もくそもないわなぁ。」と半分負け惜しみのような理屈をこねて花灯路は諦めました。orz

歌舞伎の幕が降りた後、イヤホンガイドを返却しコインロッカーへ。
そして、南座西側の出口から出ると人が集まっております。
出待ちです。
この日は、昼の部のみで夜の部は休演だったのです。
昼日中、花形スターの皆さんが顔を素直に楽屋口から出てくるとは思えませんでしたが、時間はたっぷりあるが行く宛てはない我々には好都合。
あまり目立たぬ「いつでもこの場を離れることはできるぜ!」という場所で強風吹きすさぶ中、待ってみました。

しばらく待っていましたが花形さんは出てきません。
すると四条の橋の方から「キャー!」という歓声。
「キャー!」などと歓声が上がるような花形さんはメディアへの露出度から考えると中村屋さんの弟の方に違いないと予想。
背伸びなどして声のした方を見ましたが、人ごみに紛れて全くどこにいるのかわかりません。
多分、京阪四条の方に出て地下を通って劇場とは反対側に出たんでしょう。
「やっぱり・・・。」って感じです。
が、しかし、まだまだ花形さんはいます。
もう少し待って見ることにしました。
しばらくすると、いつの間にやら誰かがサインを求められている光景が目に入って来ました。
小柄な人で後姿では誰だかわかりません。
前に回って少し離れた位置からサインしている姿を見てみると(多分)亀鶴さんではないですか!
舞台ではあんなに大きく見えるのに意外と小柄なのでびっくりしました。
舞台で大きく見えるっていうのは良い役者だという評価のうちの一つですよねぇ。
嫁さんのいるところまで戻り「おい、サインもろてこい。」と背中をつついてサインをもらいに行かせました。

ほんの数分前までは、立ち去ってもOKモードだったのですが、こうして実際に会ってしまうと欲が出るもんです。
この後、萬次郎さん、勘太郎くん、薪車さん、弥十郎さん、橋之助さん、らぶりんと丁度よい間隔で出てこられました。
萬次郎さんなんて、私レベルでは道ですれ違っても絶対に気付きません、ほんと。
勘太郎君は、お付の人が「時間が無いです。」と急かしているのに「まだ、大丈夫だから。」とファンにサインや写真のサービスをしておられました、好感度UPです。
薪車さんもサインをもらいに行った嫁さんに気さくに話しかけてくれて、嫁さん今まで薪車さんのことなど全然知らなかったのに、「男前やなぁ~」と嫁さんのご贔屓役者さんの仲間入りです。(笑)
弥十郎さんは、以前に2度ほど声をかけるチャンスがあったにもかかわらず、声をかけそこねたので、今回が3度目の正直。
その事を話すとニコニコと微笑みながら「いつでも声を掛けて下さいね。」と言ってくれました。
橋之助さんとらぶりんは、さすがは人気者って感じで、サインをしていましたが慌しく劇場を去っていきました。
結局、七くんとらぶりん以外の人たちからサインがいただけました。
久しぶりの南座、外は寒かったけど、収穫でか過ぎです!(笑)
スポンサーサイト



南座での収穫は良かったですね!

私は最初の文章に釘付けになってしまいました。

>東山山麓に連なる北は青蓮院から円山公園・八坂神社を通って、南は清 水寺にかけて「京都・東山花灯路」が行われている

このくだりです。

4年前の情景が鮮明に思い出されます。
私が京都で最後に見た桜。

その頃使っていた携帯にまだ写真が保存されているはず。
引き出せたらアップしてみたいと思います。
あの頃の思い出と共に。
【2007/03/29 06:45】 URL | madamteresa #-[ 編集]
わぁ、すごい収穫ですね!!
私も昔は出待ちをしてサインなんてもらってましたが、歳と共になんだか恥ずかしくなってしまって…
役者さんって優しいですね。そういう優しさに触れると、ますます応援しちゃいたくなりますね。しかしそうでない方も…
誰とは言いませんが、昔南座で出待ちをしていた時、大勢のファンがその役者さんを待っていて(私はその人を待っていたのではないのですが)、春冷えの寒い中、多分2時間くらいみんな待っていたのに、出てきたと思ったらめちゃくちゃ怖い顔をして迷惑そうに去って行かれました。
みんな呆然。いくら時間がなくても、待っていたファンのために笑顔で去って欲しかったです。
【2007/04/01 13:05】 URL | るみ #-[ 編集]
> madamteresaさん

昔の写真を見ると、それまでは忘れていたことが鮮明によみがえったりしますよね。
何年か前までは、嫁さんと出かけるたびに写真を撮ってたのですが、最近は出かける回数も減った上にデジカメを持って行くのも忘れる始末。
来週あたり、どこかに花見にでも行ってみたいものです。


> るみさん

でしょ?でしょ?すごいでしょ?(笑)
ほんまにラッキーでした。

> 恥ずかしくなってしまって…

るみさんが恥ずかしいなんて言ってたら、私なんてどうするんですか。
出待ちしている人と言えば、女性の方たちばっかり。
男なんて私一人ですよ。(笑)

私も誰とは言いませんが、以前見た人であまり印象の良くなかった役者さんはいましたよ。
売れっ子で忙しくて疲れていたのかも知れませんが、ファンの前では常に役者でいて欲しいですよね。
【2007/04/02 00:33】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。