admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13日の金曜日。
ホッケーマスクの謎の大男に追いかけられるわけもなく、とある事情でこの日は休日。
平日に休めるなど、滅多にないことなので、休日であれば混雑すること間違いない所に行くことにした。
で、色々と考えたが、映画館や博物館、テーマパークなど都会の施設は避け、まだ桜の散っていない所・・・と考えると、彦根城が築城400年ということで盛り上がっているらしいので彦根城に決定!
勿論、桜もまだ満開な上、旅行気分も味わえる。(笑)

さて、天気予報では雨は降らないと言っていたものの、気持ちの良い晴天ではなく青空は見えない、少々肌寒い気候。
11時前に彦根駅に到着し、すぐに観光案内所に行く。
巡回バスが出ているのだが、11時のバスに乗ることが出来ず。
平日は1時間間隔でバスが出ている為、バスは諦めて彦根城まで歩くことに・・・。(←ここらへんは、平日であることが裏目に出ている。)
距離的には、なんの問題もないのだが、巡回バスのコースにあったお寺が観れなくなったのが少々残念。

なぜかわからんのだが、この季節に適当な服が無い私。
この日も、少々寒いと思いながらも適当な上着がなかったので、彦根についてからユニクロでもあれば、そこで安もんを買えば良いと思っていたのだが、駅前にあった平和堂に直行。
いきなり、旅行気分からは外れる展開。orz
しかし、約1万円のジャケットが半額になっており、さらにセールで3割引とお得感が味わえ満足。(笑)

平和堂を出て彦根城へ。
しばらく、歩くと城を取り囲むように石垣の上に咲いた桜がお出迎えしてくれる。
すぐに行きたい所だが、時間も時間なのでまずは腹ごしらえ。
お濠のすぐそばにある、お蕎麦屋さんに入る。
昼少し前だからなのか、並ぶことなく入店。
・・・と思ったが、よくよく考えれば、この日は平日。
平日観光地巡り作戦は、成功と言える。(笑)
その昔、伊吹山で収穫された蕎麦で作られた伊吹蕎麦が名物らしい。(もっとも、現在では北海道産の蕎麦粉を使用しているとのことだが)
ざる蕎麦とそばとろ飯に小皿がいくつかついたセットを注文。
美味!
蕎麦も蕎麦汁も美味!
久しぶりに美味い蕎麦を食った。
満足、満足。

店を出る。
お濠端を歩いて右折すると埋木舎(うもれぎのや)。
ここは、井伊直弼が17歳から32歳までを過ごした屋敷。
自分自身を花の咲くことのない埋もれ木にたとえて、この屋敷をそう名づけたとの事。
観ることが出来るのは、庭からのみで中には入れない。
ここに井伊直弼が実際に住んでいたのだと思うと感慨深いものがあるが、屋敷の保存状態や展示品の状態に内容は、はっきり言って良いとは言えず、入場料300円はギリギリ。
興味の無い人だと300円でも高いと思うだろう。

埋木舎を出て道を戻り彦根城へ。
内濠の周囲の桜も見事。
この日は、風が強く、まさしく桜吹雪!
まるで歌舞伎の舞台を見ているような感じ。
嫁さんを立たせて、写真撮りまくり。
ほんとに良い日に来たと平日の休日に再び感謝!(笑)

いよいよ彦根城の天守閣に向かう。
お濠の内側に入るには、入場料が必要。
天守閣は、勿論お濠の内側なので入場料を払って、いざ天守閣へ!
と意気込んだものの、最初の難関は石段。
きちんと作られたビルの階段などではなく、山を削って作られた石段。
高さも幅も、まちまち、勿論、水平とは限らない階段。
いや、大したことは無いんですよ。
単に我々がひ弱なだけ。(^_^;)
普段の運動不足と積み重ねられた年齢をあらためて感じる今日この頃。(+_+)
なんとか無事に昇りきった我々の眼前に現れたのが、彦根城の天守閣。
嫁さんの話によると、ほんの2~3日前に天守閣へ登るのに60分待ちの行列・・・などと報道されていたらしい。
花見や築城400年祭での人出の多さが原因ではあるのだが、彦根城の天守閣への階段というのは、ほとんど梯子と同じような勾配でスタスタと昇り降りできない上にそれぞれ1人ずつしか通れないので安全のために入場を制限していたため、長時間の待ち行列となったようだ。
この日は平日とは言え、駐車場には観光バスが10台以上駐車しており、ある程度の覚悟はしていたのだが、悪い予想は見事に裏切られ、行列はできていない。
天守閣への階段も普通の混み具合・・・と言うか、混んでいる感じはしなかった。
さすが平日!
と喜んではいるが、天守閣からは小さな窓のよう所から眺めることができるだけで、360度の絶景が楽しめるような天守閣ではなかったので写真を撮ることもなく、資料もほとんど展示されておらず、説明書きなどもなかったで、いささか消化不良の感。
もう少し、見ごたえがあるかと思っていたのだが、残念!
これが行列に並んだ末の結果であれば、このように和やかには書いていられなかったでしょう。(^_^;)

琵琶湖の遊覧船なども楽しめば、より充実したお休みとなったのですが、残念ながら最終が14:30ということで間に合わなかった。
琵琶湖遊覧の旅は、次回のお楽しみ(←いつになるのやら)と言うことにして、築城400年祭のマスコットキャラクター「ひこにゃん」の歌が流れる街中を散策して帰途に就きました。


スポンサーサイト



こちらではご無沙汰もっちぃです。
彦根城、何週間か前にうちの両親も行ってきたそうな。おとんは昨年定年を待たずに早期退職。団塊の世代、ってやつですな。その後すっかり隠居のような生活をしているようです。

> 嫁さんの話によると、ほんの2~3日前に天守閣へ登るのに60分待ちの行列・・・などと報道されていたらしい。

これ、うちのおかんもゆぅてました。行ったんは平日やったみたいですけど、「平日やのに、あたしらみたいな年代の人らがようけおるねん」ってメールしてきたんで「暇な年代なんやろ」って突っ込んでやりました(笑)

りゅうさんご夫妻が行かれたタイミングが良かったんでしょうねぇ。日頃の行いとちゃいますやろか(笑)
【2007/04/24 11:09】 URL | もっちぃ #TtgI1idk[ 編集]
> もっちぃさん

うぅ・・・返信が遅くなり、申し訳ございません。
もっちぃさんのところにもご無沙汰で、コメントしていないところには必ずコメントさせてもらいますので・・・。

で、本題。
いや、ほんとにタイミングが良かったんですよ。
たまたま、団体さんがいないタイミングだったのが良かったんだと思います。
帰りにいくつかの団体さんとすれ違いましたから、あれと同じタイミングで天守閣に行こうとしていたら、混雑したんだと思います。

いやぁ、やっぱり普段の行いですかねぇ。(笑)
【2007/05/06 23:49】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。