admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに全国ネットで漫才の番組があった。
もったいない・・・というのが感想。

M-1グランプリを除けば、全国ネットで漫才師が自分達の漫才をする番組には、なかなかお目にかかれないので朝から楽しみにしていたのだが、全国ネットの制作側のマヌケぶりが存分に発揮されてしまい、漫才による満足よりも不満の方が大きくなってしまった。
以下、マヌケぶりの数々。
東西対決と銘打っているにもかかわらず、ほとんどが大阪発の芸人。
現在の活動拠点(事務所)で分けたのだろうが、全国ネットのゴールデンタイムの視聴者には、非常にわかりにくい分け方だと気付かないのか?

審査員がいたが対決ごとに審査員のコメントもなく対決の結果もない。
つまりは、審査形式で番組を盛り上げていこうという気がないということ。
審査形式をとっている意図が全く不明。
もっとも、西川きよし、たむらけんじ以外は、お笑い素人なので、そんなタレントの審査など聞きたくもないが・・・。

友近のレポートも友近に何をさせたかったのか全くの不明。
出演者にインタビューして、より格闘技番組っぽくするわけでもなく、友近の芸をたっぷりと見せるわけでもなく中途半端。
あれじゃ、友近が可哀想。

プロレスラーの高田を起用しタイトルもネタ祭と格闘技のパロディにしてプロレス風の対戦前の挑発合戦や対戦者の因縁エピソードなどを使った演出だったが、ネタの時間に対して長過ぎ。
でもって、ほっしゃんをほしやんと呼んだ高田はお笑いのこと知らなさ過ぎ。
M-1グランプリで出場者のコンビ名も覚えられなかった菊川怜を思い出してしまった。
どうせ格闘技パロディで行くんだったら、ケンドーコバヤシでも使えばいいのに。。

とにかく、ほとんどと言っていいぐらい、やることなすことダメだったのだが、何が一番ダメかと言えば、"ネタ"祭と芸人の本業を前面に押し出しているのに、ネタ以外の無駄な演出に時間を費やし、肝心のネタの時間が短かったこと。
結局、「ネタ祭」を作った人たちは、何が見せたいのかが自分達でもわかっておらず、漫才自体を面白いと思っていないから、無駄な演出に走り、番組のタイトルである"ネタ"を蔑ろにした番組をつくってしまうんだろう。
お金の使い方を知らない人たちだ。

スポンサーサイト

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ




確かに 格闘技演出がネタよりも前に出てましたよね。
PRIDEとかけてると銘打ってるだけに 高田さんは
外せない所ですが 今思うと この演出でいくなら 
ケンコバのマイクパフォーマンス乱入など
入れてくれても良かったかもです(^^;

それにしても全国ネットは 芸人の数も演出も 
たくさん詰め込みがちですねぇ。。。

【2007/08/22 08:42】 URL | みーみ #-[ 編集]
> みーみさん

ケンコバは、"あり"ですよねぇ。
バッファロー吾郎は、ともかく。(笑)

全国ネットは、予算ありすぎで何でもかんでも詰め込むんでしょうねぇ。
本当は、漫才番組なんていうのは、変な企画も必要ないし、極端に言えば出演者のギャラだけの低予算で作れるんですけどねぇ。
制作者サイドが何が面白いのかわかっている人がいないから自信がないんでしょう。。。
【2007/08/26 18:42】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。