admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜の夕食時の事。
この日の献立は、うな丼、お吸い物、玉子豆腐、たこときゅうりの酢の物。

子供の頃は、うなぎ無しのうな丼の方が好きだった(早い話がうな丼の汁だけご飯)のだが、立派に成長(←嘘)してうなぎや玉子豆腐(←嫁さんが作ったわけではない。パッケージを開けて器に入れただけ)の美味さが理解できるようになり、楽しみな献立の一つとなっております。
で、まぁこの日もご機嫌で食べていたのですが、うなぎを食べていると、たま~に口の中で小骨を感じることがあります。
うなぎに限らず、どんな魚であろうと骨が大変気になる性質で、さんまやいわしの時は、本当に苦労して骨と格闘しながら食べてるわけですが、うなぎの場合は、口の中から出すほど大きな骨は出てこないので、ご飯と一緒に喉の奥へといざなうのですが、この日は何と
どういうわけか喉の奥へと行くことを拒み、喉の途中で引っかかったわけです。
早い話が、うなぎの骨が喉に刺さったのです、この野郎!

幼稚園ぐらいの頃に、一度魚の骨が喉に刺さってゲーゲーしたことはあったが、この歳でまさかこんな目に遭うとは・・・。
昔からの言い伝え通り、ご飯を丸飲みしてみるが、痛いだけで抜けた気配なし。
玉子豆腐を丸飲みしたところで、こんな柔らかいものでは、糞の役にも立たず。
酢の物のたこで試してみたものの、やっぱりダメで。
食後のデザートの梨に至っては、よけいに深く刺さっているのではないかと思える痛さ。
まぁ、何もしていなければ、さほど痛くも無いので放っておけば、自然に抜け落ちるだろうと無理矢理安心してみた。

が、やっぱり違和感がありありで気持ち悪い。
嫁さんが、インターネットで調べてみたら?と言うので「魚のほね のど」で検索。
ご飯の丸飲み・・・は、より深く刺さるやも知れないので、やってはいけないらしい。
って、遅いがな!
ご飯どころか、色んなもので試してしもたっちゅーねん!
で、結局は耳鼻咽喉科に行けば、あっけないほど簡単に取ってくれると書いてあるものがほとんど。
仕方がないので、仕事場の近所の耳鼻咽喉科を探して行くことに決めたのだが、不安なのは歯医者でもそうなのだが大きく口を開けて、口の中をいじられると吐き気がしてゲーゲーして涙が出てくること。
ネットの検索では、同じような症状の人が、ゲーゲーするので医者にさじを投げられたという人の記事があり、非常に憂鬱。
なんとか医者に行かずにすむようにと、ゲーゲー、カーッ、ゴロゴロゴロ(うがい)と何度も何度も試してみるが、効果なし。
あきらめて医者に行く決心をして床に就く。

朝、起きて唾をごくんと飲み込んでみる。

ふっ・・・。(笑)

刺さったまま。
寝る前と変わらん。orz
っていうか喉が痛い。
ゲーゲーやりすぎたと反省。
丸飲みがタブーだとわかった今朝は、朝食のトーストを良く噛んでから喉へ。
案外、朝食で抜けるかもという淡い期待は、やはり淡い期待のままで朝食を終え、洗面所へ。
ここでもゲーとやってみるが効果なし。
洗面所を出て「しゃーない耳鼻咽喉科に行ったろうやないか。」と思いながらネクタイをしていると、突然骨が喉を通ったような感触。
おっ?おっ?おっ?
唾を飲み込んでみるが違和感なし。
なぜだかわからないが、骨が取れた。
取り敢えずは、良かった、良かった。^^

気分よく仕事に行き、隣に座っている同僚女性に事の顛末を話すと一言で返された。
「見えてるやろ?自分で取ったらええやん。あたし、いっつもピンセットで取ってるで。」

そ、そんなん、私には無理です・・・。

スポンサーサイト

テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。