admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜どうでしょうファン待望のDVD第9弾「北海道212市町村カントリーサインの旅2/サイコロ4」がが9月26日に発売されました。
我が家も、既にゲット。(とーぜんです。)
9月末の土日の夕食タイムは、鑑賞しながらの夕食となりました。
ちなみに、第10弾は「東京ウォーカー/マレーシアジャングル探検」、来春の発売予定だそうです。
ここまで、新作と旧作が交互に発売されていたんで、次は新作かと思っていたら旧作とは・・・。
関西では未だ西表島の次の作品が放送されていないので楽しみにしていたんですけどねぇ。
ほんま、頼んまっせ、ABCさん。

んで、今日から10月ということでぇ、10月といえば神無月。(正確には、陰暦の10月ですが)
はい、そうです。
「サイコロ4」を観た方は、わかったかも知れませんが、その中の大泉洋のほら話の中で、ちらっと触れてましたね。
出雲地方での神様会議に出席したっていう話の中で、10月が神無月というのは、全国の神様が出雲地方に集まり、神様がいなくなる月なので神無月。それに対して、出雲地方ではいなくならないので神在月と言う・・・と、大泉洋にしては珍しくまともなこと(広島と富山が近いというような男ですから)を言っておりました。(笑)

これって、古典の授業中(ですよね?)に、月の別称を習った時に聞いたと思うのですが、これが単なる「こんな話しもある。」程度の雑談レベルだったのか、正式なものだったのかは知りません。
ただ、この説以外にも・新米で酒をかもす「醸成月(かみなしづき)」、・雷の鳴らない「雷無月(かみなしづき)」っていう説もあるようで、中でも一番有力なのが・「な」は「の」の意で、神を祭る月=「神の月」というものらしいです。

ということは、神を祭る月の「神の月」→神々がいなくなる「神無月」→出雲は神々が集まる「神在月」という順に出来たってことですね。
しかし、今の時代と違い、情報の伝わり方に時間(というより月日)がかかった時代に、「神の月」→「神無月」→「神在月」となっていったのには、かなりの年数がかかっているのでしょう。

それにしても・・・。
もう、今年も残り3ヶ月ですよ。。。
って、言ってる間に、年末だぁ、正月だぁってなるんでしょうねぇ。
「神の月」→「神無月」→「神在月」って言っていた頃に比べると、絶対に時の流れは速くなっているんじゃないでしょうか?(勿論、同じなんですけどね、感覚的にっちゅうことです。)
物質的には豊かになっていますが、時間はいくらあっても足りない感じで、昔の方が豊かだったのかなぁ。。。

スポンサーサイト

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ




私の中では、「神無月」→「神の月」となっております。
以前調べた時に「醸成月」にも「雷無月」にもそそられはしたのですが、
惜しくも却下(笑)
こんな風に音からイメージを膨らませたり、洒落の効いた言葉遊びなどは、
ゆっくりとした時間の流れにこそ合っているものなのかもしれないですよね。
【2007/10/02 00:14】 URL | 蒼 #ISBwA1sM[ 編集]
> 蒼さん

ゆっくりとした時間の流れを経て、現在に残っている言葉というのは、なかなか消えていかないし、消したくないですね。

最近は、時間の流れが速くて新しく生まれた言葉でも、次の年には消えて行ってる。
なんか、さびしいと思うんですよねぇ。
【2007/10/03 00:11】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]
おお!
りゅうさん、ご無沙汰です
【2007/10/03 10:17】 URL | equinox #-[ 編集]
> equinoxさん

どうも、お久しぶりです!^^

で、なぜ挨拶だけ?(笑)
【2007/10/05 01:28】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]
ヽ(´―`)ノ
エクは台湾人です
歌舞伎を初めて観る
お勧め演目はありますか
是非おしえてください
【2007/10/12 16:32】 URL | equinox #-[ 編集]
> エクさん

初めて観るなら、是非これを!
というような演目を決めるのは、難しいです。

分かりやすさという点では、「身替座禅(みがわりざぜん)」なんていうのは面白いですが、
いくつかの演目のうちの一つになるので、他の演目が楽しめないかも知れませんからね。

私が歌舞伎を観たことがない人に勧めるのは、「通し狂言」と呼ばれるものです。
これであれば、一つの演目を序幕から全幕を通して上演されるので、初めての方でもお話がわかりやすいので勧めます。

あと、中堅・若手が中心の「花形歌舞伎」は、大抵の場合、通し狂言で行われ、
また仕掛けも大掛かりなものが多いので、初めての方にも楽しめると思います。
(私の場合は関西なので京都の南座なら春、大阪の松竹座でなら秋が多いのかな?)

ついでに言えば、料金も少々低めですから良い席で見れますし。^^
安いと言えば、松竹座では「浪速花形歌舞伎」というのが4月に行われています。
これは、1日3回公演でそれぞれ違う演目を上演、料金格安なのでなかなかいいですよ。^^

歌舞伎通と言える様な者ではないので、あまり良い回答になってないかも知れませんが、お役に立てれば幸いです。
【2007/10/14 11:38】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]
おお!
ありがとう
【2007/10/15 17:56】 URL | equinox #-[ 編集]
> エクさん

歌舞伎を観たら、感想など教えて下さいね。^^
【2007/10/17 00:38】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]
りゅうさん、ご無沙汰しておりますね
台湾のエクですw
身替り座禅がみてました。^^
台本が持ってないですから、せりふは全然わかりませんww


感想は歌舞伎役者の身体言語とてもすごいです
せりふはとても難しいw

りゅうさん、ありがとうね
【2012/01/06 20:10】 URL | EQ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。