admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約8年半ぶりに阪急電車での優先座席が復活することとなった。
阪急電鉄が優先座席を廃止したのは、平成11年の4月。
全座席が優先座席であるべきだということで廃止したのだが、逆に席を譲らなくてもよいという雰囲気になってしまい、毎年10件ほど高齢者からの"優先座席復活"の要望が寄せられたという。
残念な結果です。
阪急は、1つの車両に8~10人分の優先座席を設けるとのことだが、早い話が廃止前の状態に戻すということだろう。
しかし、「廃止しました」「だめでした」「元に戻します」・・・っていうのは、あまりに芸がなさ過ぎないか?

普段、阪急電車を利用しないので、どのような状況だったのかは知らないが、全席優先座席にしたのであれば、その旨を車内アナウンスで流していたのか?
効果が無かったのであれば、全席優先座席であることをハッキリと乗客に伝えるために何らかの策(定期的に全線でキャンペーンを行うとか全座席に優先座席だというステッカーを貼るとか)を打ったのか?
とにかく、「全座席が優先座席」という理想(本来は当たり前の話で理想というもおかしいかもしれないが)を掲げたのだから、その理想を実現するために、本当に努力をしたのかと疑問に思う。(もし、そういうことが行われていたのであれば、お許しを)

さらに、優先座席を復活するにしても、以前より増やせばよいのになぜしない?(1車両8~10人だったら、車両の片方の端の座席でしょうね。)
優先座席を廃止したら譲らなくても良いという雰囲気になったということは、優先座席があれば譲ろう、譲らなければという雰囲気になるということも言える。
何か問題があるのだろうか?(←これは阪急だけに限りません)

せっかく、これまでの"優先座席"の概念を打ち破るようなよい発想であったのに、それが失敗に終わったということは残念なことです。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース




ほんまに残念ですねぇ。GWに帰省したときに、梅田から烏丸まで阪急電車に乗ったんですけど、その途中で何度か「どうぞ。」「いや、そんな」「いやいや、どうぞ。」「ほなおおきに」という会話がちらほら聞かれました。そん時はさすが阪急電車、全席優先席やなぁ思たんですが。

せやけど、優先席の譲り合いは関西の方が積極的ゆぅか、頻繁にされてるような気ぃします。関東で毎朝優先席の近いドアから乗ってました(たまたまですけどね。)けど、妊娠中に優先席近くに立ってて譲ってもろたん1回だけでしたもん。まぁ朝のラッシュ時と休日の日中を比較したらあきませんけど、
JR西日本の車両は優先席えらい目立つシートでしょ?けど東日本はシートの色をちょっと変えて、吊皮をオレンジにしただけですもん。中には優先席が独立されてなくて、10人掛けの椅子の端っこ3席だけ色変えて優先席、ってな車両もありますからね。

お腹が目立つようになってから(私の場合9か月くらいから(^^ゞ)はちょくちょく譲ってもらえるようになりましたけど、優先席より普通の席のほうが確率高かったような気ぃします。

関東ではその駅から出発する電車、始発電車を20分も30分も前から並んで待って、座って行こう、と考えてはる人が結構おって、そんな人らはホームに空っぽの電車が入ってきて、ドアが開いた瞬間、優先席でもお構いなしに椅子取りゲームよろしくダッシュで座りにいかはります。そうやって必死こいてやっと座った人が近くに優先席を必要としている人がいてはったら、座った人は譲らるやろか。自分座ってるんが優先席でも。ほんで座ってもうたら寝るか、本読むか、携帯いじるかで自分の世界に入ってもうて、自分の近くにどんな人が立ってはるかなんかてんで興味ない感じ。

私が見た感じ、関西では優先席が埋まるんって、普通の席がみんな埋まってて立つ人もちらほら出てきてようやっと誰かが優先席に座りだす、って感じちゃいます?

私なんか妊娠中でも、お年寄りとかちっちゃい子抱えたお母さんが乗ってきはると変わらなあかんかいな思ぉてまうタイプやのに。

えらい長なりましたけど、決して譲ってほしかったのに譲ってもらえなんだ、ということを言いたいわけやのぅて、「優先席」やろうがなかろうが、周りにちょっと気ぃ配って、しかるべき人に気兼ねなく座ってもらえる世の中になることを祈らんばかりです。
【2007/10/22 11:51】 URL | もっちぃ #TtgI1idk[ 編集]
> もっちぃさん

東京の鉄道事情を知らないので比べようはないのですが、関西もいばれるほど席を譲っているとは感じませんねぇ、残念ながら。
通勤ラッシュ時であれば、こちらも似たようなもんだと思いますよ。
座って眠っている人もたくさんいますし、座ってしまえば、すぐ前に人が立ちますから景色も見えないので、下を向いて本や携帯に熱中。
まぁ、通勤ラッシュの混んだ電車では、お年寄りなどは、まずいないので皆なにも気にせずに優先座席に座ってますけどね。

妊婦さんは、はっきり言って、ややこしいです。(笑)
太っているだけなのか、妊娠しているのか。。。(^_^;)
妊婦さんであっても、ジーンズ履いてたり、ヒールの靴履いてたりしてたら、もう私にはわかりませんし、太っているだけなのにマタニティーっぽい服装の人もいるので、譲っていいのか悪いのか・・・。
悩むことって結構ありますよ、ほんと。
妊婦だとわかるグッズを付けておいて欲しいもんです。(何か、そのようなタグだかワッペンだか、あったはずですけど失念)
【2007/10/24 22:20】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]
またまたもっちぃです。

> 関西もいばれるほど席を譲っているとは感じませんねぇ、残念ながら。

そうですかぁ。まぁラッシュは皆さん余裕ないですもんねぇ。

> 太っているだけなのにマタニティーっぽい服装の人もいるので、譲っていいのか悪いのか・・・。

譲ってええんちゃいます?「よかったらどうぞ」ってな感じで。その人がもし妊婦さんやのぅて太ってる人やったとしても、ラッキー思て座るか、妊婦と間違われたことに気ぃついたらそれを戒めにダイエットがんばるかもしれんし、仮に断られてもめげない、「なんや人が親切にゆぅたったのに」思わんことやないでしょうか。

お年寄りに席譲ろうとしたら「私はまだそんな歳いってません。失礼な!」ってな言い方をする人もいはるみたいですけど、それはその人が相手のことを思いやってへん人、ってことで気にしないと。

> 妊婦だとわかるグッズを付けておいて欲しいもんです。(何か、そのようなタグだかワッペンだか、あったはずですけど失念)

このことですな
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/03/h0301-1.html

これも賛否ありましてねぇ。まだあまり周知されてへんってこともありますけど、某妊娠・出産・育児情報誌が雑誌の付録としてこのマーク付きのストラプつけたり、関東の方では電車の優先席の窓に貼ったぁったり、駅の掲示板にポスター貼ったぁったりしてますけど、そぉゆうたら関西ではあんまし見かけませんねぇ。唯一見たんは娘の出生届出しに行った役所ん中だけですねぇ。

賛成意見としては、お腹が目立つ頃より、目立つ前のつわりの時期にも替わってもらいやすくなるという意見、反対意見としてはこのマークを黄門さんの印籠のように使う不届きもんがおる、っちゅーのとこんなんに頼らんと譲り合いでけんか、っちゅー意見ですな。私は結局使いませんでしたけど。

要は相手をどれだけ思いやるか、ってな話に集約されると思うんです。せちがらい世の中、こんなところからでも少しずつ良い世の中になっていければなぁ、と思う今日この頃です。子供が生まれると尚更そう思いますね( ..)ヾ ポリポリ
【2007/10/25 12:00】 URL | もっちぃ #TtgI1idk[ 編集]
> もっちぃさん

譲ってええんちゃいます?って簡単に言いますけど、これがなかなか難しい。
世の多くの女性が、決して太ってもいないのに、自分を太りすぎだと信じ込みダイエットに励んでいるのかと思うと、少しばかり下腹で出ているぐらいの人に「戒めになるかも知れない」などとは、とてもとても思えません。
そして、妊婦さんに「結構です」と断られても傷ついたりはしませんが、妊婦さんかどうかわからない人に断られた日にゃ、「やっぱり太ってるだけの人やったんやぁ~、傷つけたかもー」などと、落ち込んでしまいます。

マタニティマークに関しては、黄門さんの印籠のように使うのに何か問題があるんでしょうか?
本当に妊婦さんだったら、何も問題がないと思いますがねぇ。
妊婦さんじゃない人が悪用するっていうのであれば、それは放っておくしかないですね。
止めようがない。
そういう、せこい人間が友人・知人にいないことを祈るのみです。
これが無ければ譲れないかってのは、妊婦であれば譲りますけど、"妊婦かどうか、わからん人"がいるから、あった方が良いというだけですね。
まぁ、マタニティーマークが広く国民に認知されたところで、付ける付けないは本人の勝手、強制するものではないでしょう。
ただ、付けている人には、それなりの対応をしないとだめですよねぇ。

相手をどれだけ思いやるか?
と、もっちぃさんが、思っていれば、子もっちぃは、他人を思いやれる子に育つんじゃないですか?
もっとも、子育て経験がないので無責任発言ですが。w
【2007/10/26 00:01】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。