admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かねてより、FA宣言していた広島東洋カープの新井貴浩内野手が阪神との2度目の交渉で移籍に合意。
新井の阪神入りが決まった。
今年の阪神のV逸の要因の一つである得点力不足。
得点力不足の原因は、今岡の不調とシーツの衰え、浜中の伸び悩みなどなど。
シーツの解雇は年齢などを考えると妥当なもの。
今岡は、実績があるとは言え、入団してからコンスタントに残してきた実績というわけではない。
今年、不調のまま終わったことを考えると、来年は絶対大丈夫などとは思えない。
新井は、三塁・一塁を守れる内野手(まぁ、上手いとは言えませんが)でもあるので、うってつけの補強と言える。
しかし、新井が入団したから今岡の出番は無しでは困る。
新井の入団が刺激となって、またあの勝負強い打撃を見せてくれることを期待する。
いや、新井がどれだけ活躍しようと「やっぱり今岡は、外せなんなぁ。」と首脳陣に言わせるぐらいやってもらいたいものだ。

新井で心配する点はと言えば、新井という選手が決して器用な選手ではないという所。
観客の多い、なにかとマスコミに注目されるチームに移籍したことで、期待に応えようとする気持ちが強くなりすぎ、それが力みとなって調子を崩さないとも限らない。
例え、そうなったとしても、アニキ金本がそばにいるのは心強い。
広島を出た途端に成績が振るわないようでは、これまで応援してくれた広島ファンに対しても申し訳ないだろう。
阪神ファンは勿論、広島で応援してくれていたファンのためにも、自然体で試合に臨み、結果を残すことを期待する。
スポンサーサイト

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。