admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何週間か前、テレビの番組で非常に気分の悪い発言を聞いた。
今さらとも思うが思い出したので書いてみる。
ザッピング中に見たので、何の番組だか覚えてないのだが(確かゴールデンタイムの日テレ系)、「関の山」という言葉を使って短文を作れと言われ、木下優樹菜が指名された。
木下優樹菜は、フジ系で放送されている「クイズヘキサゴンⅡ」で、かなりなおバカさんとして人気が出ているアイドル(?)タレント。
早い話が、見かけが良いだけではなく、その一般常識の無さが付加価値となって売れているタレントの1人だ。
と言うわけで、解答したものの、皆の期待通りの誤答。
この誤答は、タレントとしての"売り"の部分が発揮できたのだから、なんら問題はない。
起用した側としても満足しているはず。

そして、この時に司会のくりぃむしちゅーの上田が「バカ満開(確か、こんな言葉だったと思う。これまた曖昧ですみません。)」と一言吐き、この一言だけで、木下優樹菜は"切り捨て"られて放置。
おバカで売り出し中とは言え、完全に木下優樹菜を見下したように思えた発言は、聞いていて非常に気分が悪かった。
夕食の準備をしていた嫁さんも同じように思ったと言うから、私だけの感じ方ではないと思う。

勿論、くりぃむ上田も木下優樹菜のボケ(?)に対するツッコミで、本当に木下優樹菜を見下してのものではないだろう。
しかし、視聴者に不快感が残るツッコミしかできないのは、くりぃむ上田のお笑いのツッコミとしての力量不足だ。
このツッコミには、ボケに対する愛情が感じられなかった。
編集でそうなったのであれば、ディレクターの力量不足。
編集点を間違えているのだ。
「クイズヘキサゴンⅡ」でも、散々司会の島田紳介が突っ込んでいるが、不快感など感じたことは無かった。
同じ素材(木下優樹菜)を、同じように扱っている(おバカタレントとして)のに、こうも視聴者に与えるこうも印象が違うとは・・・。
勉強になりました。

って、俺は芸人じゃない!
スポンサーサイト

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。