admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始、怠っていたのはブログの更新だけではない。
年が明けて、実家への顔出しと言うイベントが終了してからの休日に、年末に録画していたテレビ番組を見るはずだったのに、見ることもなく過ごしてしまった。
よって、先の3連休は、録り溜めした番組を見ることに時間を費やしてしまった。
まぁ、夕食時間に放送している番組に大したものもないので、その時間に見ることにした。
丁度良かったと言えなくもないので、良しとしておく。

で、かなり古いのだが、12月13日の「噂のケンミンSHOW」について書いてみる。
まずは北海道ではエイ(魚)を食すとの事。
地元では「カスベ」と呼ばれている、ガンギエイというエイらしい。
バラエティ故、仕方がないのであるが、エイを食べると聞いたときの出演者の反応が異常ってか、騒ぎ過ぎ。(笑)
ナマコやアンコウも、たいがいグロテスクだけど食べるし、中国地方じゃワニ(サメ)を食べる所もあるし、亀(すっぽん)など高級料理である(血ぃまで飲むし)のに、エイぐらいで騒ぎ過ぎ。
エイなんて形だけ見れば、カレイやヒラメと似たようなもんですがな。

面白かったのは、エイを食べることよりも、カスベを食べている人たちが、エイだとは知らなかった事。
魚そのものを見せられても、それが何の魚なのかわからないという人がニュースになった時代から数年が経ちますが、高齢者と言われる年齢の人までが、それがエイだと知らなかったのには驚き。
逆に言えば、それだけ昔から「カスベ」として食べられているということでしょう。
テレビでは魚屋さんの店頭にエイが一匹まるまま並んでいるのが映ってましたが、エイだと知らないということは昔から切り身で売っていたのでしょうか?
あの姿を見れば、ガンギエイという名前まではわからないにしても、エイの仲間だと気付くのではないかと思うのですが・・・。

大阪ネタでは、一文字の単語の語尾を延ばすという特徴。
目は、目ぇ。
歯は、歯ぁ。
胃は、胃ぃ。
手は、手ぇ。
日は、日ぃ。
気は、気ぃ。
ってな具合です。
インタビューされて気ぃ付いてへんかった人が多かったのには驚き。
面白かったのは・・・っと、既に記憶が曖昧だ・・・。(^_^;)
確か、こんな内容だったと・・・。
同じ一文字でも、語尾の上がるものと下がるものがあるという検証で、インタビューを受けた若い女性。
「日」の字を読まされて、日ぃ(↑と上がり)、「火」の字を読まされて、火ぃ(↓と下がる)と答える。
それを繰り返し言わされていたのが、突然「ひぃひぃ」やと言ってケラケラケラと笑い出した。
これぞ、大阪人の真髄(と言えば大袈裟かも知れないが)の言葉遊び。
こういうのに大阪人は敏感に反応できる人が多いから「会話が漫才みたい」などと他地方の人に言われるのだ思いますが、違うでしょうか?

もう一つが、見えない鉄砲で撃たれた時の二番煎じの感はありますが、見えない刀で斬り付けた時の反応。
(まぁ、二番煎じと言えば、鉄砲も刀もナイトスクープその他でやってますから、どちらもなんですが。w)
テレビカメラがあろうがなかろうが、斬られた振りをする。
風呂屋から出てきたとこであろうが、電話中であろうが、斬られた振りをする。
お見事です。w
カメラがあれば、瞬時に生まれ持った大阪人コンピューターが計算を始め、斬られてあげるというサービス精神が発揮されるのは理解できます。
問題は、カメラが無い場合。
これは誰にサービスをしているのか?
わかりません。w
考えられるのは、カメラは見えないが、普通の人はこんなことはしない、きっとテレビ局だ、だったら斬られよう。
という計算。
他には、カメラは見えないが、普通の人はこんなことはしない、この人は普通の人ではないのだ、逆らうのは怖い、だったら斬られよう。
という計算。
さらには、カメラは見えないが、普通の人はこんなことはしない、俺も普通じゃない、だったら斬られよう。
という計算。
ってな具合か?

携帯電話をしているにも関わらず、斬られたおっちゃんが、「ややこしい人がおんねん」と電話相手に言っていたのは笑えたのだが、「ややこしい人」というニュアンスが伝わらない、あるいはそういう使い方はしない地方の人も多いのではないか?などと心配。
「ややこしい」という言葉は、大阪では色々な場面で使える便利な言葉です。
話が広がるのも何なんで、ここでは書きませんが。w

と、ここまで書いて思い出しました!
青森県では出勤前に銭湯に・・・でしたね。
家のお風呂に入ったことがないと言ってたおじさんがいましたけど、仕事帰りにも銭湯に行ってるんでしょうか?

そして、どこかの島では、その道の狭さゆえバタバタが愛車だとか。
バタバタってのは、軽のオート三輪のことですよね?
バタバタとかバタコって言ってと聞いたことあります。
んで、HONDAのスーパーカブもバタバタと言ってました。
昭和の香りがします。(笑)

最後に、UFOの街で有名な石川県羽咋市の「ジャーン」「ドドドドド」などの石の彫刻は、最高。
まるでギャートルズでした。w
スポンサーサイト

テーマ:秘密のケンミンSHOW - ジャンル:テレビ・ラジオ




>エイだと知らないということは昔から切り身で売っていたのでしょうか?
魚屋さんを除けば、この可能性は大ですね。
現にスーパーやデパートでは、カスベの切り身しか見たことがありません。

>あの姿を見れば、ガンギエイという名前まではわからないにしても、エイの仲間だと気付くのではないかと思うのですが・・・。
それが、意外と気付かないのです。
りゅうさんがおっしゃるように切り身で販売されていることが多いのと、
道内ではカスベという呼び名が浸透しているからという2点が
大きな理由かと思われますが、
実を申しますと、私自身も30歳を過ぎてから初めて、
カスベがエイの仲間だと知りました。
【2008/01/19 15:31】 URL | MT #gIFVJzcA[ 編集]
> MTさん

コメントを返そうという段になって思ったのですが、そのままのエイを買ったとしても、そうそう捌ける人もいないのかも知れませんね。
それに、カレイだと、そのまま煮付けにできますけど、カスベをそのまま煮付けっていうのは、厳しいでしょうし。
【2008/01/20 00:58】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。