admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほぼ一ヶ月前のケンミンSHOWネタを書いたので、今年最初の分も書きます。
年明け一発目の「秘密のケンミンSHOW」は、スペシャルバージョン。
スペシャルが放送されるっていうことは、そこそこの視聴率を獲っているのでしょうか?
番組には必ず大阪ネタがあるので、関西圏で視聴率がまずまずなのはわかるのですが、他地方の動向も知りたいものです。
そして、今回一番突っ込んだのは、徳島県の豆玉。
豆玉と言っても、大衆演劇の幼い子役が女形で大人気というわけではなく、金時豆を具にしたお好み焼きのこと。
「お好み焼きに金時豆???信じられなーい!」などと突っ込んだわけではない。
突っ込んだのは、スタジオでの豆玉試食の場面。
司会のみのもんたが、切り分けられた豆玉を箸で挟んで口元に運んで食べようと・・・。

ストーーーーープッ!

ここ、ここ。
ここが、問題のシーン。
みのもんたの持つ箸に挟まれた豆玉は、丁度6枚ぐらいに切り分けたピザぐらいの大きさ。
その大きな一切れを箸で挟んで持ち上げると、その切れ端は箸を中心にだらりと垂れ下がる・・・ことなく、まっすぐみのもんたの口に向いている。
まるで、まるでおせんべいを箸で挟んで食べるかの如くまっすぐなお好み焼きの切れ端。

あのサイズ、焼きたてのお好み焼きでありえません。(と思います)
なんなんでしょう、あのお好み焼きは?

出演者たちは、美味しいと絶賛。
そして誰かが言いました。
「ケーキを食べてるみたい。」と。。。
いくら甘い金時豆が入っていると言っても、キャベツの入った熱々のお好み焼きを食べて「ケーキみたい」という表現が出てくるとは思えないです。
キャベツが少ない粉ばっかりのお好み焼きってことでしょうか?

この番組で各地方の珍しい料理を試食していますが、番組サイトでもいいですからレシピも紹介したらいいのに・・・って思いません?
私、今思いました。(笑)

で、次に突っ込んだのが、地方から上京した人がバスの乗り方を間違えると言うもの。
東京のバスは「前乗り先払い」なので、「後乗り後払い」の地域の人が戸惑うというのは、昔からよく聞く話です。
で、各都道府県代表のタレント達に間違えたことがある人は?と問えば、ほとんど全員が挙手。
なんのことはない、東京"だけ"が違うんですねぇ。
番組の趣旨から言えば、東京出身のタレントが「秘密なんてないですよ」とお約束の台詞を言った後、紹介すべきネタでしょう。
「東京の常識は、日本の常識」と勘違いしているからでしょうね。
この番組の欠点を挙げるとすれば、東京目線からのものが多く、ケンミンSHOW流で言えば"東京の秘密"を秘密だと気付いていない点ではないでしょうか?

あと面白かったのが、熊本県ではドアを閉めることを「あとぜき」という話のときに、スタッフが熊本のおばあさんに「東京ではあとぜきとは言わない『ドアを閉める』と言います。」と言った時に、そのおばあさんが”年寄りをからかうもんじゃないよ”っていう感じで笑い飛ばしたのが印象的でした。^^

スポンサーサイト

テーマ:秘密のケンミンSHOW - ジャンル:テレビ・ラジオ




北海道民にとって、お好み焼きは露店で食べる物なので、
このネタの時は「そういう地域もあるんだ」くらいにしか、考えておりませんでした。

ついでに言いますと、所謂粉モンを食べる習慣は、
私が小学生の頃まで北海道にはありませんでした。

徳島県民が金時豆が好きということを知って、ふと思ったのは、
『甘納豆(大正金時)の赤飯』を徳島に持って行ったら、
どんな反応をするんだろう、ということでした。

>東京目線からのものが多く、ケンミンSHOW流で言えば"東京の秘密"を秘密だと気付いていない点ではないでしょうか?
確かにそういうところがあるかも知れませんね。

ただ、私には秘密のケンミンSHOWより、
HBC(TBS系列)で放送される県民性の特別番組の方が、
東京目線からのモノが多いように感じました。
【2008/01/19 15:48】 URL | MT #gIFVJzcA[ 編集]
> MTさん

>どんな反応をするんだろう、ということでした。

これ重要です。^^
この番組に足りないのは、こういう実験や検証なんですよ。
どこかからの情報を元にスタッフが取材。
情報の通りであればオンエアなんです、おそらく。

「秘密の大阪」で色々と大阪人の特性を取り上げていますが、同じ事を違う地方でやったら、どういう反応を示すのかって、いつも思います。
【2008/01/20 01:04】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。