admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週も気になるネタはありました。
まずは、栃木・高知の食習慣から。
栃木県では、かんぴょうを大量に食べるとの事。
生産量も日本一なら消費量も日本一。
学校では、かんぴょうについて学習しているという。
早い話が、自分たちが好んで食べるものを自分たちで作っている。
そのために誤った知識を持たないように学校で教えている。
出演者が「かんぴょうが無くなっても困らない」と言っていたが、まさしくその通りかも知れない。(笑)
かんぴょうのカルボナーラを試食して「スパゲティーみたい!」って言ってたタレントがいたが、「だったらスパゲティーでええやろ!」と突っ込んだのは、私以外にもいたはず。

高知県では、うつぼが普通に食されている。
毎度、毎度、こういう食材が出てくるとスタジオの反応は「信じられなーい」と某プロ野球チームの前監督のような感じだが、これも毎度、毎度、書いているが「ナマコやタコを食う奴らが、そんな反応するんじゃない!」ってことです。
うつぼに限らず、鋭い歯を持つ魚は、たくさんいるし食べている。
細長い蛇のような姿の魚も、美味い、美味いと食べている。
「へぇ~、そうなんだぁ」という反応ができないのか?
勿論、演出だとはわかっておりますが、あまりに幼稚な反応なのが、いつも嫌になります。

お次は、「広島県の中心で愛を叫ぶ」からのネタ。
「広島県では、メロンパンのことをサンライズと言う」ですが、メロンパンとサンライズに関しては、昔から取り上げられているネタなので書きませんが、どうして兵庫や京都のタレントが「うちでも、そうです!」と言わなかったのか?
広島だけではないことを、もっとアピールして欲しかったものです。
おそらく、テレビを見ていた神戸の方は、イライラしていたのではないかと・・・。

「ケンミン遺産」で取り上げられた、大阪は東大阪市の小阪にある「小坂城」。
関西では、これまでも何度もテレビに取り上げられたお馴染みのお城(?)です。
で、これがケンミン遺産として認定されました。
当の城主は、どう思っているのかは、わかりませんが、私は言いたい。
「それは、違う!」と。。。
あーゆーしょーむないもんを作って、わいわいと騒がれるのは嬉しいと思うのですが、「遺産として認定しましょう」などと言われるよりも「何をしょーむないもん作ってんねん!(爆)」「けったいな、散発屋のおっさんや。」と笑い飛ばされる方が、城主としては嬉しいのではないかと。。。
少なくとも、私であれば、そう思います。

その他、愛知県では「看板を目立たせるためにパトランプを使用」する。
パトランプの県別の販売数は、日本一だそうです。
ただ、同じ地域で、どこの店にもパトランプが付いてれば、それが当たり前になり、効果は上がらないようにも思います。
実際、出演者の人が「気づかなかった」って言ってましたからね。(笑)
効果としては、開店・閉店が、遠くからでもはっきりとわかるぐらいでしょう。
まぁ、お客の側にすれば、店の前まで行って「休みか・・・」と無駄になることはないので助かりますね。
店側がどう思っているかはわかりませんが、店より客にとって親切かも知れません。

目立つ看板と言えば大阪ですが、大阪の場合は看板自体を「他所とは違う目立つ物」にしますから、間違いなくお客さんを集めるための看板です。
スポンサーサイト

テーマ:秘密のケンミンSHOW - ジャンル:テレビ・ラジオ




このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/21 11:19】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。