admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤクルトは、高田新監督の下、若手が活躍。
開幕戦で巨人を叩き、機動力を生かした野球で3位をキープ。
チームのムードも悪くない。
昨年の投打の主軸が抜けたとは言え、タイガースにとって、決して楽な相手ではない。
雨で中止かと思いきや強行された第一戦。
雨のせいなのか、肝心なところでの拙守が失点に結びつくヤクルト。
雨であっても、ピンチを好守で凌ぐ阪神。
その差が、試合結果として出てきた。
初戦、4-1で勝利。

二戦目は、阪神岩田、ヤクルト村中、共に入団三年目の投手。
村中の球が打てずにわずか3安打。
ヤクルトは、前半の好機に3点。
阪神は、前半の好機に1点しか獲れなかったのが、最後まで響いた。
2-4で敗戦。

三戦目の先発は、福原ではなく杉山。
杉山は、今季初登板を白星で飾れず、先発ローテの中で唯一白星の無い投手。
その後、二試合連続で登板試合を雨で流し、この日が今季2度目の登板。
初回、金本の二点本塁打で先制してもらったにもかかわらず、すぐに1点を取り返される。
一死二三塁のピンチを1点で済んで良かったと思えば良いのかも知れないが、前日勝利のヤクルトに流れをやらないためにも、初回は慎重に行って欲しかった。
とは言え、久しぶりの先発で5回を3安打1失点であれば、良しとしよう。
打線は、前日の貧打が嘘のように打ちまくり・・・という訳には行かなかったが、赤星・平野の出塁を新井・金本がしっかりと生かしての追加点などあり、4-2で勝利。
最後は、藤川が三者三振に仕留めて、開幕からの連続セーブを10として、チームの開幕からの連続試合セーブ記録を更新。
開幕から7カード連続勝ち越しを決めた。
やったぜ!
スポンサーサイト

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。