admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBCでの韓国戦。
圧倒的な韓国への声援の異様な雰囲気の戦いで巨人の上原投手は言った。
「異様な雰囲気は甲子園で慣れている。甲子園は揺れるから。」と。
4月25日からの甲子園での巨人3連戦。
1勝1敗で迎えた第3戦は、まさに甲子園が揺れた試合だった。
上原は慣れていると言った。
が、甲子園のスタンドからの声援で沈んで行った投手は、少なくない。
現在、メジャーリーガーの岡島もその1人。
かつてのリリーフエース、石毛もそうだ。
久保の甲子園での初登板の時も尋常ではなかった。
そして、この日。
今季横浜から移籍の守護神クルーンも例外ではなかった。

逆転され、突き放されての2点差。
8回裏には、不振の今岡が意地のタイムリーで1点差。
そして9回表の巨人の攻撃。
二死満塁のピンチを"攻めの守り"で凌ぎきる。
そして、9回裏。
先頭の鳥谷が三塁右を見事に破るクリーンヒットで出塁。
甲子園の観客は8回裏から劇的な結末を期待してエンジンがフル回転状態の盛り上がり。
横浜時代に甲子園での阪神戦を経験しているとは言え、阪神巨人戦と阪神横浜戦では甲子園の雰囲気はまるで違う。
仮に、阪神横浜戦が満員であったとしても・・・だ。

抑えるのが当たり前の守護神にとっては、先頭打者にクリーンヒットを決められるだけでも、普段とは違う状況。
さらに甲子園の声援が守護神に追い討ちをかける。
その感情の乱れが矢野への危険球まがいの球となる。
観客席からの激しいブーイング。
岡田監督の抗議。

テレビ画面からも落ち着きを失った守護神の様子がわかる。
巨人尾花投手コーチが間を取るも関本に簡単に送りバントを決められる。
1打サヨナラのピンチ。
巨人はまだ勝っている、1点のリードだ。
しかし、甲子園の声援が守護神にそんな余裕を与えない。
代打桧山が倒れて二死一・三塁。
少し落ち着きを取り戻したのか赤星を簡単に2ストライクと追い込む。
あと1ストライクで試合終了。
外角低めへの投球。
打ちに行った赤星のバットは、空を・・・切らない。
打球は高く弾んで遊撃へ。
遊撃坂本が懸命に一塁へ放るも、赤星の脚が一歩勝る。
同点適時打。
一塁を駆け抜けて喜びを表す赤星。

次は藤本。
さほど制球の良くないクルーンにすれば、嫌なタイプの打者のはず。
案の定、四球を選んで満塁。
甲子園の声援は、酸欠で倒れた人がいたのではないかというぐらいの大声援。

続く打者は、愛する広島を出て阪神に移籍した新井。
この緊張感は、他球団は勿論、全日本の4番でも味わえない。
この日は、ブレーキとも言える内容の新井。
が、この打席は違った。
クルーンの投球に食らいついて行く。
粘って粘ってフルカウントからの9球目。
クルーンが投じた外角への球を自信を持って見送る新井。
ストライクと確信してガッツポーズを決めるクルーン。
審判の判定は・・・。
ボール。
四球での押し出しサヨナラゲームだ。

一塁でもみくちゃにされる新井。
本塁付近では、ボールのコールに激怒したクルーンが猛抗議の末、審判に暴言を吐き退場。
最後の球がボールなのは、テレビの画面で見ても明らか。
事実、捕手の阿部が何の抗議もせずにクルーンを止めていたのが、その証拠。
いくら審判の判定が覆らないとわかっていても、この状況で誤審に対して抗議をしないようでは、勝つ気がないのかと言われても仕方がない。
阿部が勝負を捨てていたなどとは思えないので、この判定は間違ってはいない。
試合後の原監督、阿部捕手のコメントも、クルーンを庇う物でしかなかった。

4月25日からの甲子園での巨人3連戦
第1戦:1-3 ●
第2戦:6-2 ○
第3戦:4-3 ○
今カードも2勝1敗で勝ち越し。
今年の阪神は、しぶとい。
スポンサーサイト

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ




すっかりご無沙汰もっちぃです。えらい昔の記事へのコメント失礼いたします。やっぱし阪神ネタはつけておかねばw

この試合、テレビ中継途中で終わっとったんでしたっけねぇ。スポーツニュースでえらいクルーンが叫んどったん見ましたけど、中継ではなかったような。ほんで、後日この日のことを取り上げてた虎バンをおかんがDVDにして送ってくれましたん覚えてます。やーざまみろでしたね。

ひとつ気になったんですけど・・・

> 関川に簡単に送りバントを決められる。
あれ、せっきーでした?

【2008/06/03 16:52】 URL | もっちぃ #TtgI1idk[ 編集]
> もっちぃさん
> あれ、せっきーでした?

今となっては記憶が定かではありませんが、関本で間違いないと思われます。
関川と書いたのは、指が滑っただけです。w
どこのチームでも、守護神と言われる人であっても、毎試合好調を維持できるわけではありません。(これは、うちの球児でも同じ)
ちょっと不安定な時に、甲子園であの声援に襲われたら、たとえクルーンと言えども、ああなるのですよ。
【2008/06/12 12:43】 URL | りゅう #QIGpv1DA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 りゅうのうだ噺, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。